2018年02月17日

冬になると、糖分を過剰摂取する私。

私は、飲み物の中で甘酒が一番好きです。
酒粕から作ったものオンリーですが。

冬になると、大きな酒粕を買ってきて、
2回に分けて甘酒を作ります。

1回分で、雪平鍋にいっぱいできます。

1日で400ccほど飲んで、4、5日あります。

家族の中では私しか飲まないので、
毎朝1杯ずつ楽しんでいます。

でも、酒粕の甘酒は大量の砂糖を入れないと
美味しくないので、明らかに糖分の摂り過ぎです。

わかっちゃいるけど、やめられない。

なので、ひと冬に2回だけと決めています。

小さな幸せですが、とても心が温まる時間です。

posted by 遊酔 at 09:07| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

風呂吹

PICT0393.JPG

posted by 遊酔 at 10:42| Comment(0) | 気ままな俳句詠み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

「バニラコーラチェリー」

栃木の会社で作られている、
ちょっと変わった缶ジュースです。

コーラの味とほのかなバニラはわかりますが、
チェリーがいまいちわかりません。

でも、コカコーラのチェリーコークとコカコーラのバニラを
足したような味です。

まぁ、中途半端な味。

posted by 遊酔 at 14:52| Comment(0) | ちょいチャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

翔馬語録 4歳


しっかり?


ある日のこと。空を指差し、

翔「あっ、たんぼ!」

田んぼは、空を飛びません。
とんぼです。

まだまだ、私の方がしっかりしています。

えっ、比べてどうすんだって?

posted by 遊酔 at 09:24| Comment(0) | 回顧・翔馬語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

海に潜った赤一族の父

PICT0304.JPG


赤一族には簡単なストーリーがあります。
創ってはいないけど。

posted by 遊酔 at 08:24| Comment(0) | ヘタっぴ遊酔絵画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

もぐらとのイタチごっこ。アハッ!

庭を歩いていると、
地面が軟らかくなっているところがあります。

しかも、ひび割れた状態で、帯状に延びています。

もぐらのトンネルです。

テメェ、また来やがったな。

と、トンネルにナフタリン(防虫剤)を埋めて、
追い出しているんですが、しばらくすると、
また別の場所にトンネルを掘っています。

これを二、三度繰り返すと、静かになります。

でも、1、2年に一度はこんな作業が必要になります。

畑に来ていないのが、幸いですが。

posted by 遊酔 at 10:16| Comment(0) | 自然観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

tora.jpg


年賀状用かな?

posted by 遊酔 at 09:10| Comment(0) | 遊酔のパソコン画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

ランキングサイト「日本一」のラーメンを食す。

我が家から車で40分ほどの場所に、そのお店はあった。

ランキングサイトのラーメン部門で、
「日本一」になったことのあるラーメン屋さんだ。

こんな田舎で「日本一」になるなんて、
どれほど旨いのだろうか。

ラーメン屋さんめぐりをするタイプの人間ではないが、
大いに興味を持ってしまった。

これは、行かねば。

いつも通り、嫁はんと出掛けた。

開店30分前に着いたが、お店の前に行列はなかった。

ブームは去ったのかと思ったが、
駐車場に止めた車の中で、
数人が待機しているようだった。

行列ができ始めたら、並ぶのかもしれない。
常連さんのテクニックなのだろう。

私と嫁はんは、行列一番乗りを果たした。

飲食店で並ぶことなど、滅多にない。ましてや、
開店前に並んでまで食べようとは思わない人間だ。

つまり、初めての経験。

一番に並んだことに、若干恥ずかしさもある。

すると、駐車場の車に潜んでいた男たちが、
ゾロゾロと這い出してきて、私たちの後ろに並んだ。

そこからは次々と人がやって来て、
たった30分の間に、なが〜〜い行列ができた。

これが、このお店の実力なのか。
それとも、ランキングサイトの力なのか。

私の期待もどんどん大きくなる。

不整脈を持つ私の心臓が、
ドキドキ……ド……キ…と、し始める。

食べることで、これほど緊張するのは、
なかなか体験できない。

そんなに旨いのか。

扉が開き、店員さんが出てきた。
「お待たせしましたぁ〜!」

「待った、待った!」と、
行列嫌いな関西人の私は思うのだった。
たかが30分だけど。

お店に入り、カウンターの一番隅に誘導された。

いつもそうだけど、初めてのお店はなぜか焦る。

ゆっくりメニューを見て、
じっくりベストな選択をしなければならないのに、
特に理由もなく焦る。

人間が小さいのだ。

で、ふたりが選んだのは、「鶏塩系」と「醤油系」。

注文してやっと落ち着き、店内を見まわした。

ふ〜ん。
やや暗めの落ち着いた小さなお店だけど、
特に珍しくもなく、面白いわけでもない。

まぁ、美味しければ、そんなことはどうでもいい。

驚いたのは、小さなお店に
たくさんの客が一瞬で入ってしまったことだ。

そこに圧倒された。
男が多いので、むさ苦しい。

しばらくすると、ラーメン2つがやって来た。

ひと目見て、ほぉ〜。
これは期待できる。

丼の中の景色が美しい。
ここまで整ったデザインのラーメンは、
あまり見たことがない。

どれどれ。
まずは、匂いから。

うっ、これはイヤな予感。

私は、醤油系を食べたのだが、
ほんの少しだけど、獣臭さがある。

豚骨を出汁に使っているようだ。

スープを飲み、確信。
遠くで獣がウヨウヨしている。

麺は、細く私好み。
固さも良い。

チャーシューも文句なし。

非常に丁寧に作られていることはわかる。
素晴らしい仕事だと言える。

なのに、なのに。
獣の匂いが、鼻の奥に残る。

惜しい。実に惜しい。

嫁はんの鶏塩系も食べてみる。

おっと、こちらも匂いがある。
煮干しの匂いが残っている。

スープは鶏ガラをベースにして、塩でスッキリ。
さりとて、コクは深い。

麺も100点。

鶏チャーシューもしっとりふっくらしていて、旨い。

まん中にのった白髪ねぎとスープの相性も素晴らしい。

これも惜しい。実に惜しい。

豚骨も煮干しも出汁を取る時に、
材料を引き上げるタイミングが、
ほんの少し遅いのかもしれない。

エグ味が出て、匂いとなっている。

見ためも味も「日本一」に相応しい出来だと思うが、
この匂いだけが残念だと思う。

まわりの客からは、絶賛する声が聞こえてきていたが……。

posted by 遊酔 at 09:01| Comment(0) | 楽食探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

「クランチップス X-cut マッシュルームフレーバー」

ポーランドで売られているポテトチップスで、
マッシュルーム味です。

食べてみると、すっげぇキノコ。

なんじゃ、こりゃ! と思うものの、
ずっと食べているとクセになります。

また、買ってしまいますね。

料理にも使えそうです。

posted by 遊酔 at 08:46| Comment(0) | ちょいチャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

翔馬語録 4歳


雄叫び?


ある夜中のこと。

静寂を切り裂く「うわぉ〜!」という声が。

寝ている翔馬の雄叫びでした。

おのれは、犬か?

人間の声ではありませんでした。

前世は、狼だったのでしょうか。
いや、そんなはずはない。

精悍さは無いし、動き遅いし。

posted by 遊酔 at 14:54| Comment(0) | 回顧・翔馬語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする