2016年04月16日

道端の“食材”を楽しむ。


田舎には、無料の“食材”がたくさんあります。

つくし、ふきのとう、ふき、わらび、
ぜんまい、こごみ、栗……。

散歩の途中で、集めることができます。

inaka.jpg

先日は、ふきが大きくなっていたので、
ちょっとだけ摘んで、ふきご飯を作りました。

春の香りがする。
というのは、ちょっと俗っぽい表現ですが、
独特の香りは、まさに春を感じさせてくれます。

でも私は、
「春になったから、ふきを採りに行かなくちゃ」
とは考えないようにしています。

義務化してしまうのは、楽しくありません。

ふきを見つけて、なんとなく作ってみようと思うのです。

だから、食べない年もあります。
そんな気楽さが好きです。

自然の恵みは、本当に有り難いと思います。

季節料理のお店に行けば、
とても高い支払いが待っています。

田舎なら、散歩の途中で手に入るのです。

あなたが都会に住んでいるのなら、
ちょっとだけ郊外へ散歩に出掛けませんか。

“食材”は、結構どこにでもあるものです。

posted by 遊酔 at 16:22| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

輸入食品で、世界をプチ体験。


海外の食品を多く揃えているお店を見ていると、
楽しくて時間を忘れてしまいますよね。

発見と驚きで、ちょっと興奮状態になったりします。

yunyuu.jpg

知らない土地の食文化を知ると、
どんな人たちが、どんな家に住んで、
どんな生活をしているのかにまで、
興味が湧いてきます。

食をキッカケに、
その国のことをもっと知りたくなってきます。

興味を持った食品を買ってみて、
家で食のプチ体験をします。

美味しいかどうかを聞かれると、
無条件の“美味しい!”と言えるものは少ないのですが、
“面白い!”と答えることはできます。

経験したことのない味が多く、
その驚きがとても新鮮です。

知らないものを経験することには、
味以上の感動があります。

海外旅行にはなかなか行けませんが、
日常のひとコマで、
世界中をプチ体験することができるのです。

お店を見てまわる時。
知らない味を試す時。

とても楽しい時間です。

posted by 遊酔 at 15:16| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

浜辺をぶらぶら歩く。


青春しよう、とは言わないけれど、
気持ちのいい青空の日には、
浜辺を散歩するのが楽しいと思います。

キラキラと瞬く海を眺めながら、砂を踏みしめて歩くと、
心が晴れやかになっていく気がします。

気持ちいい。

日常生活では、あまり感じることのできないもの。

hamabe.jpg

時には子どもの頃のように、
貝殻を拾ってみるのもいい。

波に洗われて角がまるくなったガラスの破片
「シーグラス」を集めるのも楽しいもの。

ただのガラス片が
「シーグラス」と呼ばれるようになるなんて、
海が持つロマンチックな一面かもしれません。

そんな貝殻やシーグラスを拾って、
骨董屋さんで買った、お気に入りの小皿にのせておくのも、
さりげないお洒落だと思います。

そこに眼が止まった時、
キラキラの海がまぶたに浮かんできます。

posted by 遊酔 at 16:45| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする