2018年01月01日

大根、短っ!

いらない衣装ケースで育てていた大根が、
安売りの小さな大根程度の太さになったので、
そろそろ食べようかと、抜いてみました。

気合いを入れて、スポーーーーンッ!
と抜くはずが、
スッ! で終わりました。

なんと10センチ。
短っ!

そんなバカな! というくらいに短くて、
笑ってしまいました。

味は、生で食べてみると、固くて辛くて、
煮るとエグい。

で、漬物にしたら、美味しく食べられました。

posted by 遊酔 at 10:34| Comment(0) | 自然観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

突然のことで、大笑い!

PICT0023.JPG
僕は還暦か!


私とコロンは、よくケンカをします。
というより、私がちょっかいを出しているだけですが。

例によって、キレたコロンがその場を走り始めました。

しばらくキレ走りしたと思ったら、
突然、ピタッと止まり、ウンコをし始めたんです。

何でやねん!
キレて、怒ってるんとちゃうんかい!

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 10:05| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

見つけた花

PICT0284.JPG


目の前の花は、手が届かない。

posted by 遊酔 at 14:07| Comment(0) | ヘタっぴ遊酔絵画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

お買い物も子どもの勉強。

家族で買い物ゲームをしました。

正月用のお菓子をそれぞれ500円分買えることにして、
500円に一番近かった人が優勝です。

翔馬は紙とペンを持ち、
計算しながら一生懸命にお菓子を選んでいます。

結果は、翔馬が501円で優勝でした。

続いて嫁はん。

私は金額が一番低かったのです。
貧乏性でしょうか。

こんな遊びも子供にとっては勉強になると思います。
小学校でもやっていますが。

posted by 遊酔 at 10:49| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

火鉢

PICT0377.JPG

posted by 遊酔 at 08:54| Comment(0) | 気ままな俳句詠み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

ヘイ、ベイビー!

akaotoko.jpg

akaonna.jpg


子どもは5歳までが可愛い。

posted by 遊酔 at 10:17| Comment(0) | 遊酔のパソコン画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

翔馬語録 2歳


笑いのセンス?


翔馬が何か悪いことをしたので、

私「正直に言いなさい!」

翔馬は、掃除機に向かって、何か言っていました。

う〜む、笑いの基本型ですね。

2歳にして、このセンス。すごい!

posted by 遊酔 at 09:37| Comment(0) | 回顧・翔馬語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

数十年ぶりに出逢ったウシガエルは……。

散歩中に嫁はんが、「えっ、ウソやん!」。

嫁はんの視線先を見てみると、
そこには数十年ぶりに見る姿が。

足を伸ばせば、30センチ級のウシガエルです。

私は、小学生の頃によく捕まえていました。
足をつかんで、ブラブラさせていました。

呼び名は「ショックン」。

懐かしいなぁ〜と思うものの、
そのショックンは仰向けに寝て、動きません。

車に当てられたんでしょう。
天に召されていました。

可哀想なお姿でした。

でも、トンビやカラスのご飯になるでしょう。

posted by 遊酔 at 08:46| Comment(0) | 自然観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

中津村開拓日誌・第11号−3(2005年2月発行)

2003年11月23日。
私たち三人は、和歌山県動物愛護センターで、
「犬猫を飼うための講習会」を受けていました。

犬をもらうためです。
ちゃんと飼ってもらうために、この講習会は義務づけられています。
受けないと、犬はもらえません。

そこには、生後3ヵ月くらいの犬がたくさんいました。

一番小さくてわかいい犬を見ていたのですが、女の子なんです。
女の子だと避妊手術にお金がかかるので、
仕方なく、次にかわいい男の子にしました。

茶色で柴犬のような雑種です。それはそれは、かわいいんですよ。
大きくなっても、柴犬と同じくらいですが、色が少し変わってきました。

身体のデザインや大きさは、柴犬。カラーリングは、シェパードです。
顔は、いまでも非常にかわいい。
見つめられると、つい“ムギュ!”としたくなります。

が、ムギュと抱かせてくれません。
抱かれることを非常にイヤがります。
かわいくな〜い。ケッ!

でも、顔を近づけると、デロデロに舐めまくってくれます。
うれしいような、汚いような。

最初は舐めさせていたのですが、外で飼っている犬は、
どんな病気があるかわかりませんので、
手だけ舐めさせるようにしました。

でも、スキがあれば、顔めがけて飛びかかってきます。
身体をなでていると、いつも狙っています。こちらも警戒体制です。

私は、犬が大好きなので、かわいくて仕方ありません。
どれくらい好きかというと、子どもの頃の話をしなければいけません。

3、4歳の頃、私の母が、私がいなくなったと探しまわり、
大騒ぎになりました。
かなり探したようです。結局、見つかったのは、犬小屋でした。
犬と一緒に寝ていたのです。それくらいの犬好きです。

何年かして、その犬が亡くなり、私は悲しくて仕方ありませんでした。

でも、アパート暮らしに変わって飼えない状況でも、
捨て犬を拾って来ては、空き地で飼っていました。

ある時、まだ小さかったその犬も、車にひかれて亡くなりました。

それでも懲りずに、生まれたばかりの小さな小さな犬を
拾って来てしまいました。
世話の仕方も知らないのに。でも、そのままにできなかったのです。

バカでした。ミルクのやり方もわからず、
とにかく布で温めていただけでした。
どんどん衰弱していき、最後には私の手の中で息を引き取りました。

その時、私は心に誓ったのです。もう二度と犬は飼わないと。
あんなに辛い思いはイヤです。

ところが、あれから30年ほど経った今。
翔馬と嫁はんが、犬を飼いたいと言い出したのです。

私は反対しました。世話が大変だし、長い旅行も行けなくなるし。
それに、いつかは……。

私もせっかく田舎に来て、犬を飼うことができるんだから、
そうしたい思いはあります。でもね。

結局、二人に押し切られ、コロンがやって来たのです。

かわいいです。でも、ちょいとイカれています。
興奮すると、我を忘れて、暴れるように走りまわります。

ストレスかな、とか思うのですが、
ちゃんと毎日40分くらいの散歩はさせているし、
軍手の引っ張り合い、などでも遊んであげています。

つまり、元々イカれているのでしょう。
おかしな行動が多いのです。とても面白いですけど。

【コロンのご紹介】

koron.jpg


仕事は、匂いを嗅ぐ、ひたすら嗅ぐこと。

趣味は、穴掘り。自分の頭がすっぽり入るくらいに掘っていきます。
一生懸命です。楽しそうです。

地面の軟らかいところだと、足を使わずに、鼻先だけで掘り進み、
まるでモグラです。
地面が盛り上がりながら、移動していくのです。
おかしすぎて、ゲラゲラ笑ってしまいます。

中津村近辺で、朝、犬の散歩中
一人で笑っている人がいたら、それは私です。

それと、木の枝をかじることも趣味です。
散歩中、枝を見つけては、そこに座り込んで、カジカジします。

皮を剥いだり、パキパキ折ったり。
小さく折れれば、それで納得するようです。

山の中なので、枝はたっぷりあります。よって、キリがありません。
無理やり引きずって帰ります。

コロンは、変なウンチングをすることがあります。
片足をあげるので、おし○こをするのかなぁ、と思ったら、
そのまま足をおろし、ウンチポーズに変えます。

なんや、それ!
最初から、そうしとけよ、です。よくあります。

たまに、片足をあげたまま、
ウンチをしていることがあります。変な犬です。

頭は悪くないんですよ。
ちゃんと“待て!”もできるし、“お座り!”もできます。
“お手!”もできます。すぐに憶えました。

だいたい食べ物がある時だけですが。やっぱりバカです。

そうそう、頭がいいために、
本人(本犬か)が損をしていることがあります。

私たちが外出から帰った時、コロンと目が合うと、
逃げて犬小屋に入ってしまうことがあります。

これは、何か悪いことをした証拠なんです。
どこかをかじったとか、穴を掘った時は、
悪いことをしたという意識があるようです。

誰も見ていないんだから、知らん顔をしていれば、
私たちにはわからないのに、
賢いがために、素直に出てしまうのです。

おかしいったら、ありゃしない。

そんな時は、私たちも、面白がって、
“あぁ〜、何かしたなぁ〜”と、指差します。

すると、怒られたと思うのか、
犬小屋からつらそうな顔で、そっと見ています。
それがまた、かわいい。

もっとかわいいのは、本当に怒った時です。
犬小屋に入り、目さえ合わせようとしません。

うつむきかげんで、小屋の壁を見て、じっと耐えています。
それが、なんともかわいすぎます。

その顔が見たいがために、怒るほどでもない時にも
怒ったフリをしてしまいます。
悪い親です。かわいそうに。

korotura.jpg

posted by 遊酔 at 08:32| Comment(0) | 回顧・中津村開拓日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

ハッピーバースデイ

PICT0322.JPG


ちぎり絵ですが、モチーフが私に似合わない。

posted by 遊酔 at 08:47| Comment(0) | ヘタっぴ遊酔絵画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする