2017年06月24日

トリ女

ヘタっぴ遊酔絵画遺産

PICT0275.JPG

大昔に描いていますが、何を考えていたのでしょうか。

posted by 遊酔 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘタっぴ遊酔絵画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

中津村開拓日誌・第1号(1997年6月発行)

「中津村開拓日誌」は、家族や友人に送っていた、
“田舎暮らし通信”です。

田舎暮らしへのあこがれを実現するため、
和歌山県日高郡中津村へとやってきた。
木のおもちゃづくりで生計を立てながら、
のんびりと畑を耕し、散歩をしたり、釣りをしたり……
のハズだったが、現実はそんなに甘くない。
その日その日を生きている。
でも、得るものは大きく、やっぱり田舎で良かったと思えるのです。
そんな私たち一家の中津村での暮らしを
ちょっとご紹介したいと思います。


いきなりトピックス

私たち一家3人が、のそのそと散歩していた時のこと。
出ました、蛇です。
体長2mはありそうな灰色のあやつが道を横切り、
草むらへと入って行きました。

大阪の家にもいましたが、あんな大きなのは初めて。
ちょっとドキドキ。嫁はんは平気。
翔馬(当時3歳)は、何なのかわからなかったようで、平常心。

山の中に蛇がいるのは当然のことだ。
と自分に言い聞かせ、歩き出しました。

しばらくして、道端にいいものを見つけました。野いちごです。
黄色のもので、茎はトゲトゲ。
遥か遠い記憶で食べたことがあったのですが、
ちゃんとした名前はわかりません。
ほんのちょっと齧ると、
甘酸っぱさが舌の先だけに広がりました。
嫁はんも少し。翔馬にはあげませんでした。
毒だといけないので。すねていました。

もう少し歩くと、道端に梅の木があり、実がなっていました。
かなり落ちていたので、誰も取らないようです。
欲しい!いま土地の持ち主を探しています。

ほんの20〜30分の間に、都会にはない発見だらけです。

道の横に日高川が流れていて、
しばらく行くと少し流れの緩やかな川辺があるので、
翔馬を遊ばせました。

川遊びは初めてで、もうウハウハ喜ぶでよ
(わかる人は少ないでしょうが)。

ズボンもパンツもシャツもびしょびしょ。
着替えは持っていません。そのまま帰りました。

お昼のラーメンを食べに帰ろうと言うと、泣き出しました。
(うちは貧乏ですが、翔馬が好きだから、
ラーメンになっただけのことです。念のため。)

川遊びが気に入り、ずっといたいようです。
そんなことより昼めしです。私のお腹が優先します。

USAGI2.jpg

家でもまだぶちぶち言うので、ドライブすることに。
と言っても、村を一周するだけ。のんびりたらたら走ります。

またまた蛇です。う〜む。
次は、小さな物体がチラッ。なんと野うさぎの子供です。
逃げようとしません。弱っているのかなぁ。

嫁はんは、道の反対側の草むらに連れていってあげようか、
と言いましたが、私はやめときなと。
もしかしたら、いま道を渡って来たところかもしれないからです。

やっと渡ったのに、また戻されたら
「何するんじゃ、あん、てめぇ。」と言うかもしれません。
怒ったら怖いです。

弱っているならかわいそうですが、
人間が手を貸していいものかどうか。
自然を破壊して道路を作ったのは人間だから、
もう手を貸すしかないという考え方もありますが。
難しいところですが、そのまま立ち去りました。
嫁はんは気にしていましたが……。

帰りにコーラを買って飲みました。まだまだ都会人です。

たった1日の出来事ですが、都会の何年分もの発見をした感じです。

そうそう、太陽のまわりに虹のような奇麗な輪が出ていたのですが、
何と言う現象かどなたか知りませんか。

posted by 遊酔 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧・中津村開拓日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

何でも食べもんやと思うなよ!

ryu.JPG
年賀状用・8歳(日付は間違っています)


道端に栗が落ちていた。

コロンは食べないので、知らんぷり。

私が拾うために手で掴むと、

コロン心の声
「ねぇ、父ちゃん。それ何? 食べるもの?」

私「お前は食べへんやろ」

人が持っていると、食べ物だと思うようだ。
まぁ〜浅ましい。

だって、犬だもの。

posted by 遊酔 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

ウ○コを片づける横で……

PICT0203.JPG
年賀状用・7歳


クンクンクン。グルグルグル。

トイレタイムは、なぜかその場をグルグルする。
で、ウニューッとウンチング。

私が片づけていると、コロンがすぐ横で、
またまたウニューッ!

おいっ、いっぺんにやれよ!

お前、わざとやろ。

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 14:54| Comment(2) | TrackBack(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

すぐに親を頼るな!

PICT0186.JPG
年賀状用・6歳


首筋を後ろ足でカッカッカッカッと掻いていると、
爪が首輪に引っ掛かって、抜けなくなることがある。

コロン心の声「父ちゃん、助けて!」

ヒィーヒィーとパニックになる。

私「落ち着け、コロン。ほら、取れた」

すぐに泣くなよ!

だって、犬だもの。

いや、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

物忘れの激しい犬やのぉ〜。

PICT0145.JPG
年賀状用・5歳


コロン心の声「ねぇ、父ちゃん。あっちに行きたい」

そうかそうか。良し良し。なでなで。

コロン心の声「わ〜い! なでなでしてくれた。うれしい!」
ゴロンゴロンと服従姿勢。

私「コロン、あっちに行かんでええの?」

コロン心の声「あっ、忘れてた」

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

まぁ、どんくさい犬!

PICT0054.png
年賀状用・4歳


コロン心の声「お散歩、お散歩、楽しいなぁ〜」

テクテク、テクテク。カクンッ!

足を溝に落とすことがある。

テクテク、テクテク。ドサッ!

身体ごと落ちることがある。

クンクン、クンクン。バサッ!

崖から落ちたことがあり、
首つり状態で引き上げたことがある。

ほんと、どんくさい犬。

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 10:12| Comment(1) | TrackBack(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

可愛いからって、許すぞ!

PICT0142.JPG
6歳

私「コラッ、コロン! あかんやろ!」

犬小屋に逃げ込み、じっとうつむく。

その仕草があまりにも可愛いので、
つい許してしまう。

これがコロンを甘やかしてしまった理由。

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

コロン、走るで!

PICT0255.JPG
13歳9ヵ月


コロンが子どもの頃。

私「コロン、走るぞ!」

コロン心の声「わーい、楽しい!」

青年の頃。

私「走るぞ!」

コロン心の声「父ちゃん、もっと早く走って!」

最近。

私「走るぞ!」

コロン心の声
「えっ、ウソッ! 何で走るの? わしはしんどいで」

だって、歳だもの。

posted by 遊酔 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

犬のサガやなぁ〜。

PICT0158.JPG
4歳


私がコロンを指でツンツン。

コロン心の声「やめてよ!」

ツンツン。

コロン心の声「父ちゃん、やめて!」

ツンツン。

コロン心の声&行動。

もう! アァー!
ダァーーーッ! と、その場で走り出し、
鎖の届く範囲で右へ左へ。

イライライライラ。アァー!

私「コロン、おすわり!」

ハイッ!

私「お手!」

ハイッ!

私「おかわり!」

ハイッ!

良し良し。
犬のサガやなぁ〜。

だって、犬だもの。

posted by 遊酔 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする