2017年08月13日

中津村開拓日誌・第6号−2(2000年8月発行)

夏と言えば、「恐怖の電話事件」を語らずにはいられない。

夜になり、雷が“ゴロゴロドッタ〜ン”。
ザザザザザと大雨。

都会ではあまり経験しなくなった停電にはなるし。
暗闇に稲光りが“ピ〜カ〜チュ〜”と光るし。

そんな時です。
あまりにも恐ろしい出来事が私たちを襲ったのは。

ピカチ、もういいか。
ピカッと光った瞬間、電話のベルが“トゥルルルル”。

背筋を寒くしながら、受話器を取ると……“キャ〜〜”
「プープープー」なんだ間違い電話か。

しばらくすると、またピカチュもういいって。
ピカッと光った瞬間、
“トゥルルルル”「プープープー」同じ現象が。

なぜ光った瞬間なのだろうか。
間違いやいたずらにしては、タイミングが良すぎる。

あれ〜おかしいぞ〜、
と子ども番組のごとく言ってはみたものの、ちょっと寒気が。

もしかして、かみなり様のいたずらか。恐い!
高木ブーだったら、もっと恐い。

次の瞬間、ピカリッ。“トゥルルルル”ヒェ〜、恐ろしすぎる。

あまりの恐ろしさに、電話のモジュラーをはずすことに。

さすがに、その後は鳴らなくなりました。
それで鳴ったら本物の恐怖映画です。
ホラ、見たことかとなります。
恐怖ものは「ホラー」と言うでしょ。
それだけのつまらんダジャレです。

えーえー、私が悪かった。
そうや!そんな事件も今年はまだ起きていません。

posted by 遊酔 at 08:29| Comment(0) | 回顧・中津村開拓日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

翔馬のお友だちは転校。

翔馬が小学生の頃の話です。

夏休み前に、翔馬の友だちが転校してしまいました。

良く2人だけで遊んでいたのです。
馬が合うというのでしょうか。

電話がかかって来て、遊びに行くことがたびたびありました。

ちょっとショックだったようです。

その友だちは6年生。翔馬は3年生。
変わった組み合わせでした。

posted by 遊酔 at 08:22| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

父ちゃん、ちょうだい!

PICT0022.JPG
トナカイのコスプレです。


私が道端で何かを見たり、拾ったりすると、
必ずコロンは私をガン見します。

「父ちゃん、何、取ってくれるの?」

私が何かをすると、食べ物だと思っているようです。

で、木苺を採って、嫁はんにあげると、パクリッ!

「ねぇ母ちゃん、僕のは?」

次に私がパクリッ!

「ねぇねぇ父ちゃん、僕の」

最後にいくつかをコロンにあげると、
パックン、パックン。

「父ちゃん、これ美味しい。もっとちょうだい」

ほらよ!

パックン。

もう1個。

パックン。

「ねぇねぇ父ちゃん」と、
前足で私の足をトントンします。

可愛い。
けど、ガツガツするんじゃねぇ!
もう、お終いや。

コロン「チェッ!」

何や、その態度は!

コロンは何もしていませんが。

ただ、欲しいだけ。

だって、犬だもの。

posted by 遊酔 at 08:40| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

コンビニ「からあげ」食べ比べツアー。

コンビニのレジ横は、とても魅力的。
美味しそうな顔をして、「買ってけ!」と主張してきます。

優しい私は、ついつい。

中でもアピール力の強さは、「からあげ」が一番です。

で、コンビニ各店の「からあげ」を食べ比べてみました。

※いろんな「からあげ」がありますが、
 オーソドックスな商品を選んでいます。


■ローソン「からあげクンレギュラー」

外はカラッとサクサク感があり、中はジュンワァ〜でやわらか。
味はやや濃いめで美味しいです。


■ファミリーマート「もり山監修 からあげ(しお味)」

衣が薄く、天ぷらっぽい。
味は可もなく不可もなく。
ちょっと油っぽさが気になります。


■セブンイレブン「からあげ棒(竜田揚げ)」

肉は大きく食べごたえあり。衣はややサク。
味は濃く、主張がハッキリしています。
特徴のある味ではありません。


■デイリーヤマザキ「鶏ももから揚」

衣が少し歯に絡む感じ。
味つけが薄く、肉そのものの味も薄い。


■サークルK「からあげ」(ファミマへの移行前)

肉はやわらかいのですが、衣が固い。
歯に絡みつく感じがします。
味は薄く、肉の旨味も感じられません。


人それぞれに好みはあるでしょうが、
客観的に判断すると、ローソンが一番美味しいと思います。

コンビニの商品は、頻繁にリニューアルされるので、
「ここが一番」と決めることはできませんが。

毎年食べ比べてみるのも、楽しいと思います。

posted by 遊酔 at 08:42| Comment(0) | 思いつき遊び! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

毒りんごはどれかな?

apple.jpg


ただの落書きです。

posted by 遊酔 at 08:43| Comment(0) | 遊酔のパソコン画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

晩ご飯を川で調達。

夏になれば、
よく手長えび捕りに出かけていました。

私たちの秘密の場所がありますが、
そこでは、誰も捕っていないようなのです。
た〜くさんいます。

でも悲しいかな、まだまだ素人の私たちには、たくさん捕れません。

ある日の成果は15匹。
まあ、捕りすぎるのも良くないので、これくらいでいいでしょう。

捕れたのは私だけです。嫁と翔馬はヘタでした。

お父さんの威厳を保てました。
こんなことでしかえらそうにできない私です。

えびは持ってかえって、から揚げです。
やはり、晩ごはんのおかずになる前になくなりました。

今回はちょっと失敗がありました。
それは、えびが4、5匹子持ちだったのです。
(こもちと言っても小さい餅ではありません)

子持ちならウマそうじゃないか、と思われる方もいるでしょうが、
そんな生き物を捕って食べるから、数が少なくなってしまうのです。

子どもを生んでから捕れば、
また次のシーズンにたくさん捕れるのです。

来年は、もう少し時期をずらして行くことにしました。

えびを捕りながら、
同じ場所で翔馬(小学生時)に釣りをさせました。
うどんをえさに小魚を釣るのです。

水がきれいで魚がよく見えるため、ウキがいりません。
目で見てタイミングがはかれます。

翔馬はその前に2〜3回ほど、釣りに行ったことがありますが、
釣れたことはありませんでした。

しかし、今回は初めて釣れたのです。
その喜びようといったら、大変でした。

嫁はんも釣りをした記憶がなく、
これまた初めて釣れて大はしゃぎ。

私は、食べるための釣りしかしない主義なのですが、
今回は翔馬の勉強のために小魚さんたちに「ごめんなさい」です。
釣った魚は返しました。

スポーツフィッシングなどと言って、
「キャッチアンドリリース」がどうだこうだと
のたまう方たちはキライです。
魚をキズつけるだけです。

食べないのなら、釣るな!といいたい。
しかし、えびはうまいですぅ〜。

posted by 遊酔 at 14:28| Comment(0) | 自然観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

嫁はん人形

PICT0339.JPG


若かりし頃の嫁はんをモデルに、
紙粘土で作った人形です。

古くなって、ひび割れてきました。
嫁はんも……あ、いえいえ。

ちなみに、嫁はんは人間ですよ。

posted by 遊酔 at 09:33| Comment(0) | 思いつき遊び! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

お隣の犬は面白い。

お隣の犬のエサやりを頼まれました。4日間です。

この犬は人見知りをするのですが、
怪しい人間にも決して吠えません。
ちょっとおバカな犬です。

1日目。近づくと犬小屋へさっと入ってしまいました。

エサを持って行くとすぐに出て来るのですが、
食べ終るとすばやく小屋に入ります。
なんてやつだ。

2日目。散歩させようと小屋から出そうとしても、
足をつっぱり出て来ません。

そんなことをされても吠えません。

牛乳でつって、首輪をつかまえ、散歩用のリードをつけました。

するとどうでしょう。
散歩だとわかったのか、いきなり走り出したのです。

バカやろう。お前は散歩出来るなら、誰でもいいのか。

さんざん引っぱりまわしたあげく、
帰って来たらすぐに小屋へ入るのです。てめぇ〜。

gon.jpg


3日目。小屋の中で散歩用のリードをつけてみました。
すると、さっと出て来ました。

散歩は楽しいのでしょう。
でも、まだ慣れません。

4日目。散歩から帰っても小屋に入ろうとせず、
私に近寄り、なんとしっぽを振ったのです。
感激の一瞬でした。

しかし、ご主人様が帰って来ると元通り。
私が近づくと小屋入りです。

あなたにとって私は何だったの。
ただの遊びなの?

小さい時に、追っかけまわしたのがいけなかったのでしょうか。

posted by 遊酔 at 10:23| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

凱旋門に風は吹く

PICT0262.JPG


パリの凱旋門は、こんなイメージでした。

posted by 遊酔 at 08:52| Comment(0) | ヘタっぴ遊酔絵画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

中津村開拓日誌・第6号−1(2000年8月発行)

むしむし、ムシムシ、蒸し蒸し……暑い暑いあ〜あ暑い。
言っても仕方ないけど、言わずにおれぬ。

こう書くとみなさんも暑くなったでしょ。
そんなことはないって。
それはあなたがお金持ちで
エアコンをずっとつけているからですよ。

外では「そうめんの夏」をしつこくアピールするセミが鳴いているし、
私たちが“中国ゼミ”と呼んでいるあやつも
額に汗を流させる要因であります。

なぜ中国ゼミかと言うと、
「シェシェシェシェシェシェシェシェ、イ〜〜」と鳴いているからです。

ほら、よ〜く聞いてください。
えっ、いま夜ですか。じゃあ昼にどうぞ。

暑苦しいやつらだ。がしかし、いないと寂しいもんです。
夏はやっぱりキンチョー、
いやセミがいた方が良いと思う、今日この頃です。

さて、今回の開拓日誌。前回から1年以上が過ぎてしまいました。
もう忘れてしまわれましたか。いかんのぉ〜。
まあ、がんばりますので、読んでやってください。


思い起こせば、昨年5月からのことを……。

5月も終わり頃、わが家のしょぼい畑を見に行くと−−
ええい、うっとうしい!
モンシロ蝶が30頭以上乱舞しているではありませんか。

自然のすごさに感激しつつも
“てめえら、キャベツに卵生むなよ”と畑に突進する私がいました。

いかん、自然を受け入れなくちゃ。

しばらくして青虫だらけのキャベツとの戦いは始まったのでした。

やがて、虫捕りの甲斐あってか、
毎日、山のようなキャベツが食卓に並ぶこととなりました。

私はキャベツ信仰者ですので、
飽きることなく美味しい食事をいただいたのですが、
嫁と翔馬はあっちを向いていました。
身体にいい万能選手なのに。

tyoutyou.jpg


同じ頃でしょうか。
畑で作るのに失敗した人参が、家の軒下にできていました。
なんでや!

うちの畑の土は栄養がないので、だまって引っ越したのかなぁ。
そんなところに種は植えていませんから。いろいろありますね。

やがて夏になりました。

暑い暑いと外出先から家に帰ると、テーブルの上にはカマキリが……。

古い農家でもないので、
カマキリが入ってくるような隙間はないと思うのですが。

全身を棒のようにのばして入ったのか。
だとしたら、身体をすべり込ませるのには、
あごを使ったのだろうか。
などとバカな想像はやめよう。時間の無駄だ。

posted by 遊酔 at 10:23| Comment(0) | 回顧・中津村開拓日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする