2021年04月19日

八朔ジュース&ポン酢を手づくり。

ご近所さんから八朔をいただきました。

でも、私たち夫婦は、甘さ100%の温州みかんが好きで、
八朔は苦手です。

酸っぱくて、食べられません。

ジャムを作れば良いのですが、面倒なのでパス。

そこで、果汁を絞って、砂糖を足し、鍋で火を通したら、
ジュースの素が完成です。

水で割って、飲みます。

ほろ苦爽やかで、美味しいです。

さらに、この果汁にしょうゆを足せば、
ポン酢になります。

鍋や冷奴で楽しみました。

posted by 遊酔 at 09:02| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

ビワの実の袋掛け。

我が家には、ビワの木が9本あります。

10年以上前に、食べたビワの種を植えたら、
すべてが順調に育ち、去年から実をつけ始めました。

9本もあると、若干邪魔なのですが、
せっかく大きくなった木を切る勇気がなく、
ずるずると育つままにしています。

去年は30個ぐらいの実ができましたが、
今年はその数倍。

農家を真似て、大きく甘い実になるように、
まだ小さな実を摘果し、袋掛けしました。

この作業が大変。

脚立を登ったり降りたりで、
次の日にはふくらはぎがパンパン。

普段使わない筋肉なので、歩きにくいほどの痛みが。

去年はほとんどが酸っぱくて食べられませんでしたが、
今年は甘くなるでしょうか。

期待と不安。
ちょっと楽しみです。

posted by 遊酔 at 08:18| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

スナップエンドウがほど良い量で……。

畑に植えたスナップエンドウが、1日置きぐらいで、
ほど良い量が収穫できています。

1回で使い切るぐらいです。

スナップエンドウというのは、
絹さやをプックリと膨らませたようなもので、
さやごと食べるようにできています。

野菜づくりの上手な人なら、
毎日かなりの量が穫れるはずですが、
私たちは下手なので、皮肉なことに、
ちょうど良い量なのです。

玉子と炒めたり、軽くゆでて、塩で食べると、
甘みのある青臭さで、とても美味しいものです。

旬を楽しんでいます。

posted by 遊酔 at 08:49| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

桜のカーペットを歩く。

家の近くの桜が、もう散り始めました。

30本ほどある桜は、朝の散歩道にあり、
この季節、私たち夫婦だけの景色となってくれます。

ほんの数日だけですが、その美しさを楽しんでいます。

でも、もう散り始めました。

その儚さも桜の魅力ですが。

私たちの歩く道には、散った桜の花びらが敷き詰められ、
特別な場所に招待されているような気分になります。

これもまた、桜の美しさです。

posted by 遊酔 at 11:11| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

モグラ再び! どうする?

またまた出現しました。

地面が盛り上がる、モグラトンネルが。

何で、うちなんだよ!

食料のミミズなんていないだろ!

と言ってみても、どうにもなりません。

対策としては、捕獲器か忌避剤ぐらいです。

前回は、
たまたまモグラを見つけたので退治できましたが、
そうそう上手くはいきません。

厄介で、面倒なことですが、やるしかありません。

あぁ〜、大変!

posted by 遊酔 at 14:24| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

畑に空いた、5センチの穴。

朝、畑に行くと、畝に数カ所、穴が空いていました。

あっ、また鹿が来やがった、と思ったのですが、
違っていたようです。

ネットで調べてみると、鹿の足跡ではなく、
アナグマがエサを探すために、
細い顔を突っ込んだ穴らしいのです。

数センチから5センチ程度の穴を空けるようです。

幸い掘り返されてはいないので、良かったのですが、
対策が必要になりました。

鹿用に背の高い網は張っていたのですが、
地面近くは隙間がたくさんあるので、
畑の全周囲の低いところに網を張るしかありません。

しかも、アナグマは地面を掘るので、
掘れないように、網の横に石を並べようと思います。

面倒ですが、頑張ってみましょう。

やれやれ。

posted by 遊酔 at 14:40| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

どこから来たんだ? この鹿野郎が!

我が家の小さな畑は、鹿が入って来ないように、
背の高い網を周囲に張り巡らせています。

ところが、ある日、畑に鹿の足跡を発見。

まわりを見ると、な、な、何と、
大きくなりかけていたほうれん草が食べられていました。

ほぼ全滅。

クソーッ! 何でや!

実は、1ヵ所だけ網のない場所があります。

家と物置小屋の間の細い道。

家のすぐ横で、まわりが見にくいため、
鹿は警戒して入って来ないと思っていました。

なのに、やられました。

まさか、まさかです。

本当に腹が立ちます。

いまの季節は、まだ、
山の中に食べるものはいっぱいあるのに。

被害に遭う度に、
野生動物との共存など、あり得ないと思います。

残った1ヵ所に、網をつけました。

この鹿野郎が!

posted by 遊酔 at 10:50| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

ゆず酢とゆず湯を楽しんだ。

ご近所さんから、ゆずをいただきました。

さて、何に使いましょうか。

最初に浮かんだのはゆずジャムですが、
あまり好みではないので、却下。

で、他には何も考えられなかったので、
とりあえず果汁を絞って、
ゆず酢として料理に使うことに。

早速、鶏塩味の鍋に掛けて食べてみましたが、
香りが弱く、味も薄く、ちょっと残念。

でも、旬の香りを楽しめたことに感謝。

皮は小さく切って、お茶パックに入れ、
お風呂に浮かべました。

ゆず湯で、ちょっとだけ風情を感じました。

posted by 遊酔 at 14:27| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

バケツねずみの哀れ。

物置の中にあるバケツをふと見ると、
そこには、小さな小さなねずみのご遺体が。

何かの弾みでバケツの中に落ちたものの、
ツルツル滑るので、
脱出できなかったのかもしれません。

毎日入っている物置ですが、
ねずみには気がつきませんでした。

尻尾まで入れても、体長は10センチもないぐらいです。

生きていれば、可愛かったのですが、
亡くなっていると、エグいだけです。

posted by 遊酔 at 08:45| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

ワナに掛かった鹿を目撃!

朝、散歩をしていると、道から少し入ったところで、
何やらゴソゴソと音がしていました。

見ると、鹿がいます。

どうやら、ワナに掛かった鹿が逃げられずに、
もがいているようです。

可哀想にも思えますが、
人間と鹿との闘いなので、仕方ありません。

その場を去り、散歩を続け、同じ道を戻って来ると、
鹿の姿が見えなくなっています。

ワナがはずれ、逃げたようです。

畑を荒らす鹿が逃げたことを悔しく思う反面、
良かったなと思う自分がいます。

思いは複雑です。

posted by 遊酔 at 14:37| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

干し柿ひとつ、できました。

我が家に実った渋柿ひとつ。

干し柿にしようと、干してから3週間。

まさしく、私の記憶にある干し柿そのもの。

もう20年以上食べていませんでした。

正月飾りをするほど、
日本の文化に親しんでいないので。

で、食べてみたら、そうそうこの味。

知っている通りの干し柿ができあがりました。

まぁ、元々それほど美味しいものでもありませんが、
できただけでも大満足です。

来年は、
もっとやわらかなうちに食べてみようかと思います。

渋いのかも。

posted by 遊酔 at 09:28| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

雑草を引き抜くと……。

刈った草、土、生ゴミを入れて堆肥を作っている場所に、
雑草が生えていたので、スポッと抜いたら、
あっ、しまった!

じゃがいもがついていました。

小さなじゃがいもが1つだけ、
繋がったまま出てきたんです。

春に捨てた、
食べられない大きさのじゃがいもが発芽して、
ちゃんと育っていたんですね。

もしかしてと思い、まわりを掘ってみると、
同じような大きさのじゃがいもが、
4、5個出てきました。

あぁ〜〜、もったいないことをしました。

抜く時に、一瞬迷ったんですよね。

その草がじゃがいもの葉っぱに似ていたので。

そっとしておけば良かった。

仕方がないので、1つだけついているじゃがいもを
また土に埋めました。

まだ育つかもしれません。

残りは土に埋めました。

もしかしたら、芽を出すかも。

posted by 遊酔 at 08:36| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

干し柿ひとつ、作ります。

今年、我が家の渋柿は、
実がひとつしか成りませんでした。

夏が暑過ぎたせいでしょうか。

たったひとつでも愛おしいので、というより、
ひとつだから愛おしいと思うのかもしれませんが、
干し柿にしてみることにしました。

皮を剥いて、紐をつけて、ぶら下げました。

1週間後ぐらいに揉んであげるそうです。
さらに、数日後にもう一度。

これをやると、早く甘くなるそうです。

3週間ぐらいでできます。

はたして、うまくできるのでしょうか。

楽しみです。

posted by 遊酔 at 08:45| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

鍋の持ち手は、木の枝で。

雪平鍋の持ち手が取れかけていました。

長年使うと、木の持ち手が腐ってきます。

こんな時、お金のある都会人は、
捨ててしまうのでしょうが、貧乏な田舎人は、
持ち手をつけ替えます。

木材の丸棒を買ってきても良いのですが、
そこは田舎のやり方で。

適当な木の枝を拾ってきて、
切ったり、削ったりして、ニスを塗り、
鍋に取りつけます。

こんな簡単なことで、
また10年20年と使えるようになります。

もったいない、もったいない。

posted by 遊酔 at 08:55| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

やっとモグラを退治した!

数年前からイライラしていた、モグラトンネル。

地面が盛り上がり、
トンネルの天井部分が長く続いています。

棒で突っついては、退治しようとしてきましたが、
全然反応なし。

撃退するために、トンネルを掘り返して、
ナフタリン(防虫剤)を埋めていました。

それでしばらく来なくなったと思ったら、
また別の場所に出没します。

これを数年繰り返していました。

そして先日、畑の中を掘っているを発見。

これは、非常にマズいことなのです。

作物の根をかじることがあるので、枯れてしまいます。

しかも、
畝を整えている畑をグチャグチャにしていたので、
怒り心頭。

先の尖った棒でグサグサ突き刺し、モグラ探しです。

すると、目の前の土が盛り上がったのです。

いました。
とうとう現場を捉えました。

グサッグサッ!

これを何度かやっていると、穴の端に追い込みました。

逃げ惑うモグラの姿を確認。
と言っても、土の中ですが。

私は勇気を振り絞って、グサリッ!
手応えあり。

持ち上げると、モグラが刺さっていました。

残酷だと思われるかもしれませんが、
仕方のないことなのです。

野菜を作るというのは、虫や動物との戦いなのです。

放置していては、何も作れません。

かなり巨大なモグラでした。

これまでに別の場所で見掛けたモグラの
4、5倍はあります。

かなり太っています。

我が家の畑を肥やしてくれるミミズを
いっぱい食べたに違いありません。

農業の敵は、退治するしかありません。

これで終わりではありません。

また別のモグラがやって来るかもしれないので、
いろいろと対策を講じているところです。

ほんと、野菜づくりは大変です。

posted by 遊酔 at 07:29| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする