2017年11月12日

海で紅葉狩り。

お弁当を持って、海に行きました。
結構温かったのです。

冬の海は水が奇麗ですし、空も青い。
美味しいひとときを過ごしました。

ここで私たちは、
紅葉狩りもいっしょに楽しむことができました。

行った海岸は入り江になっているので、
浜からは両サイドの小さな山が近くに見えるのです。

そこが丁度、紅葉していたのです。
奇麗です。二度美味しいって感じですね。

posted by 遊酔 at 08:49| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

翔馬が松茸をひとりで…。

翔馬は学校の横の河原でいも煮会をしました。

さつまいもや里いもが入っているのですが、
誰かのおじいちゃんが山で採れた松茸をくれたらしく、
鍋に入っていたそうです。

なんて贅沢ないも煮会だ。
ふざけている。

なんで、うちには来ないの。

posted by 遊酔 at 08:55| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

決断力の無い翔馬。

「お昼ごはん買物ゲーム」をしました。

一人600円。
好きなものを買え、というゲームです。
600円に近い人の勝ち。

嫁はん:どんべえ・きつね、ごぼうサラダ、コロッケ1個、
チョコフレーク、板チョコ、棒チョコ、プリン(3個入り)。
まるで女みたいな買物だ。

私:のり弁当、どんべえ・天そば、野菜フライ
(野菜と魚のすり身を混ぜたかまぼこみたいなものを揚げている)。
実質本位の私です。お菓子なんか、いらん。

翔馬:まあ、こいつはうじうじと悩むやつだ。
おにぎりを2個持っている上に、
あとチャーハンかおこわで悩んでいる。
このごはん野郎。

悩み抜いたあげく、おにぎりを3個にしました。
おにぎり好きです。

それとマカロニサラダ。
これは、値引きシールのついているものです。
えらい!

そして、コロッケ1個。
さらに、出し巻玉子を買おうかどうか悩んでいます。

持ったまま行ったり来たり。

はよ決めろ。
これも値引きシールがついていました。
しっかりした子だ。

そこで私が「カップラーメンいらんの?」と聞くと、
「あっ、そやな」と言って、出し巻玉子をやめ、
カップラーメンを加えました。

最後に「たらたらしてんじゃねえよ」という、
鱈で作ったするめのようなお菓子を買ったのでした。

おまえが“たらたらしてんじゃねえよ”。

結局、嫁はんが一等賞。翔馬は、最下位でした。
や〜い、翔馬のべべちょ!

posted by 遊酔 at 08:54| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

七輪でさんま。田舎ならでは。

秋は、さんまです。

七輪にさんまをのせ、焼けたらそこにすだちを絞り、
ごはんの入ったお茶碗片手に、ひたすら食べる。

あ〜、しあわせのひとときよ。

田舎に来たら、これをやらねば。
煙がすごいので、都会ではできませんものね。

でも、外で茶碗を持っているのはちょっと変ですかね。

posted by 遊酔 at 08:46| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

毎日がキャンプ。

ときどき庭に七輪を持ち出し、バーベキューをします。

といっても、牛肉は高いのであまり食べません。

豚肉や焼き鳥です。

安い炭を使うのですが、少しだけ備長炭を入れます。
なにしろ産地ですから。

これが、どうにもこうにも美味いのです。

豚肉は、みそ漬けにしておいたものが、異常に美味い。
焼き鳥は、塩だけで充分。

こんな時にはあまり栄養のことは気にせず、野菜は使いません。
しいたけとエリンギくらいですね。
これも美味い。

焼くものは多めに用意しているので、
お腹いっぱいになるのですが、
ごはんが美味しいので、これもパクパク。
おかわりしてしまいます。

私は、食事の時にはお酒を飲まない人なので、
とんでもなく食べます。

嫁はん息子も食べまくります。

自然の風景と七輪が、美味しさを演出しているのです。
あ〜、美味い!

posted by 遊酔 at 08:37| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ひぐらしが心に響く。

夏の終り、
「ひぐらし」がカナカナカナカナと鳴いているのを聞くと、
私は淋しくなります。

金、金、金、金と聞こえる上に、
名前までが“その日暮らし”と頭に浮かぶのです。

私だけでしょうか。

posted by 遊酔 at 09:47| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

田舎の花火は恐ろしい。

山の中に響き渡る爆音。ドッカア〜ン。

戦争でも始まったのかと思うようなすごい音。
町の花火大会です。

なにしろ、山の中。響くのなんの。

都会ほどの花火じゃないけど、迫力は負けていません。

およそ700発。

こんな田舎でも、なかなかやるもんじゃ。
それはそれは奇麗でした。

寄付金1000円取られたけど。

posted by 遊酔 at 10:33| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

稲穂と彼岸花の仲違い?

黄金色に実った稲穂の周辺には、
真っ赤な彼岸花が咲き、その色合いの美しさは、
まさに日本の原風景。

……と、数年前までは見とれていたんですが、
最近は、彼岸花の咲く頃にはすでに稲刈りは終わっていて、
黄金色と赤の組み合わせが見られなくなっています。

台風の影響を受けないように、速く植えて早く収穫したり、
違う品種を植えたりしているので、
稲刈りと彼岸花の時季がずれてしまったようです。

仕方のないことですが、淋しくなりました。

posted by 遊酔 at 08:05| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

真夜中の出逢い。

忘れてしまうほど前の8月、午前2時。
私たちは3人は、外にいました。

夢遊病ではありません。
ペルセウス座流星群です。

30分ほどいたのですが、7〜8個は見えました。
なかなか面白い天体ショーです。

流れている間に願いごとをすればいいのですが、
見えた瞬間は、見えたことに感動してしまい、
つい願いごとを忘れてしまいます。

あっ、忘れた!また、忘れた!の繰り返し。

そのせいか、いまだに私たちは貧乏です。

しばらくしたら、遠くから明りが近づいて来ます。

なんだ、こんな時間に。
火の玉か。いえ、新聞配達のバイクでした。

「おはようございます」

配達兄ちゃん「流星群ですか?」

私「うん、そう」

兄ちゃん「見えました?」

私「ちょこちょこね」

兄ちゃん「じゃあ」

私たち「ありがとう」。

普段会ったことの無い人とのふれあいの一場面でした。

posted by 遊酔 at 08:42| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

翔馬がエビを初ゲット。

毎年恒例のエビ捕り。

やりました。翔馬が初めて手長エビを獲ったのです。
しかも、2匹。

が、あまりにも小さい。全長3〜4cmほど。

捕ったと言うより、網に入っただけのようですが。

そんなの返したれよ、と言おうとしたのですが、
あまりにもうれしそうなので、口に出せませんでした。

エビさん、ごめんなさい。
記念すべき初ゲットなので、許してください。
今度からは返しますので。

この日の成果。私14匹、嫁はん6匹、翔馬2匹。
からあげとなって、お腹に収まりました。

何度も書いていますが、“うんまい”のです。

posted by 遊酔 at 14:33| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする