2018年02月17日

冬になると、糖分を過剰摂取する私。

私は、飲み物の中で甘酒が一番好きです。
酒粕から作ったものオンリーですが。

冬になると、大きな酒粕を買ってきて、
2回に分けて甘酒を作ります。

1回分で、雪平鍋にいっぱいできます。

1日で400ccほど飲んで、4、5日あります。

家族の中では私しか飲まないので、
毎朝1杯ずつ楽しんでいます。

でも、酒粕の甘酒は大量の砂糖を入れないと
美味しくないので、明らかに糖分の摂り過ぎです。

わかっちゃいるけど、やめられない。

なので、ひと冬に2回だけと決めています。

小さな幸せですが、とても心が温まる時間です。

posted by 遊酔 at 09:07| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

農協のプレゼントは、「絹さや1kg」。

地元JAの情報誌を見ていて、笑ってしまいました。

クロスワードパズルが載っていて、
その答えをハガキに書いて応募すると……。

なんと「絹さや1kg」が当たります。

誰が喜ぶんでしょうか。

都会の人向けなら、
こんなプレゼントもアリだと思いますが、
私の住む地域は農業をやっている人ばかりです。

しかも、豆類の産地。

もう少し気の利いたプレゼントはなかったんでしょうか。

それとも、ウケ狙い?

posted by 遊酔 at 08:19| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

親子の遺伝子。

ちょっと昔のことですが、遺伝子のお話を。

私と翔馬は、やはり親子なのでしょうか。

翔馬は寝言が多いのです。

私も昔は多かった。
自分の寝言で目が覚めるくらいでした。

そして翔馬は、たまに座っています。
歩き出して、部屋から出て行こうとしたこともあります。
夢遊病ですかね。

私は、気がつくと窓辺に立って、
外を見ていたことがあります。

お〜、こわ。昔の話ですよ。

posted by 遊酔 at 11:18| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

除夜の鐘が聞こえない。

移住してきた年の大晦日。

年越しを待っていると、どこからかゴォ〜〜〜ン!

おっ、ここは除夜の鐘が聞こえるのか。

聞いたことのなかった私は、信心深くもないのに、
感動していました。

風情があります。

でも、2、3年後、鐘の音は聞こえなくなりました。

全国的な問題にもなっていますが、
お寺が閉鎖されたようです。

人口の少ない地方では、檀家も少なくなり、
後継者もいないため、お寺がなくなっていくんです。

私としては、お寺はいらないから、鐘はついてくれと、
身勝手に思うのでした。

posted by 遊酔 at 09:36| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

やっぱり、庭で焼き芋。

木工作業で出た木の切れ端を燃やしました。

何時間もかかりましたが、
山や川を眺めながら、ボーっとしているのもいいものです。

途中、わが家で穫れたさつまいもを
アルミホイルで包んで火の中へ。

20分ほどで、焼きいもの出来上がり。

軍手をしたまま、ハホハホしたら、これが美味い。
こんな美味い焼きいもは何年ぶりでしょう。

田舎で良かった。

posted by 遊酔 at 09:12| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

翔馬、化石を発掘する。

サンタさんは、翔馬に
「化石発掘セット」をプレゼントしてくれました。

石膏のようなかたまりの中に、アンモナイトが入っていて、
ヘラのような道具とブラシで削っていくのです。

かくして発掘作業は開始されたのですが、
目を保護するために、
ゴーグルなどをしなければならないのです。

私の作業用ゴーグルを翔馬につけさせたのですが、
これがびっくり。

“ぶっさいく”なのです。
なんじゃ、この顔は。

おもいっきり笑ったら、翔馬は怒りました。
すみません。

随分時間がかかったのですが、
本物のアンモナイトの化石が2つ出て来ました。

これには、翔馬も大喜び。
とても貴重な経験をしました。

サンタさんは、すばらしいプレゼントをくれたものです。

posted by 遊酔 at 09:44| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

お買い物も子どもの勉強。

家族で買い物ゲームをしました。

正月用のお菓子をそれぞれ500円分買えることにして、
500円に一番近かった人が優勝です。

翔馬は紙とペンを持ち、
計算しながら一生懸命にお菓子を選んでいます。

結果は、翔馬が501円で優勝でした。

続いて嫁はん。

私は金額が一番低かったのです。
貧乏性でしょうか。

こんな遊びも子供にとっては勉強になると思います。
小学校でもやっていますが。

posted by 遊酔 at 10:49| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

ご当地グルメを作ってみる。

産品販売所で高菜を見つけました。

そこで私の料理人魂が呼び起こされ(いつ料理人になったんだ?)、
よし、漬物にして、和歌山名物「めはり寿司」を作ろうとなりました。

塩をつけないおにぎりの中に、刻んだ高菜の漬物を入れ、
おにぎり全体を高菜の葉の部分で包んでしまうのです。

昔は目を見張るほど大きかったために、この名前がつきました。

私の腕は大したもので、とても上手にできました。

そう思ってくれるのは、家族だけかも。
でも、美味しいよ。

posted by 遊酔 at 14:47| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

翔馬、福引きを当てる!

ふるさとまつりというイベントが村でありました。

各戸に福引券が配られており、
翔馬にガラガラをさせたところ、
なんと2等賞の洗剤8個入りが当たったのです。

翔馬は、ガラガラで当てたことがなかったので、
うるさいのなんの。

初めて役に立った翔馬でした。

posted by 遊酔 at 16:15| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

餅まきで拾ったもの。

うちの集落で餅まきがありました。

氏神様のところでやるのですが、意味は聞いていません。

直径12〜3cmの大きな餅や普通の餅、
お菓子やカップラーメンまであります。

お餅には、寄付をした人の名前などが朱で書かれているのですが、
中に「酒」と書いているものがあります。

それを拾うと、一升ビンの日本酒がもらえるのです。

翔馬は、おかしなくらい一所懸命になって拾っています。

嫁はんは、恥ずかしいらしく、
自分の前に落ちたものだけを拾います。

私は、酒の文字とカップラーメンのみを一生懸命に探しました。

結果発表。

大餅4個、普通餅45個、カップラーメン2個、お菓子少々でした。
酒の文字は、見つかりませんでした。

posted by 遊酔 at 08:48| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする