2017年11月07日

異常なまでのパンへの執着。

PICT0357.JPG
あ〜ん、至福の刻〜〜〜。


コロンは、いま14歳なのに、元気、元気。

引っ張るわ、キレるわ、飛んでくるわ。
で、もう大変。

パンを指でつまんであげようとすると、
指まで喰われます。

ドッグフードは、いつまでも“待て”ができるのに、
パンはできません。

ほんの一瞬のスキをついて、取って行きます。
その素早いこと。

ほんと、パンが好きです。

パン食い競走をやらせたら、
めっちゃ早いと思います。

前に、スティック状のパンを1本まるごとやったら、
一気に飲み込んでしまいました。

くわえたら離さない、というか、
取られるのを恐れて、
一気に食べようとするんです。

また別の時には、
ロールパンをあげようと持っていたら、
パクッと取られてしまったので、
コラッ! と取り返そうとしたら、
すごい早さで犬小屋に逃げ込みました。

ロールパンをまるごと飲み込んだら危ないので、
コロンの口を無理やり開けて、
なんとか取り出しましたけどね。

さすがに一気飲みはできなかったようです。

ほんと油断もスキもない。

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 08:22| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

犬の味覚はどうなっている?

PICT0258.JPG
クンクン、クンクン。食べるものはない?


渋柿の落ちている場所を知っているコロン。

ゼェーゼェー、私を引っ張って行く。

毎日、シャクシャク、パクパク。

私「お前、それ渋くないの?」

コロン心の声「美味しいワン!」
シャクシャク。

味音痴か!

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 10:45| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

私との微妙な距離。

PICT0353.JPG
僕も寄付しました。


家の外で用事をしていると、
我が家のバカ犬コロンがやって来て、
私のすぐ近くで座りました。

相手してくれるのを待っているんです。

その姿があまりにも可愛かったので、顔を近づけて、
私の鼻をコロンの鼻にくっつけてあげると、
トットットッと、その場から離れて行きました。

何がイヤなんじゃ、コラーッ!

あまりにも失礼です。

私に遊んで欲しいものの、
あまり接近されるとイヤなようです。

コロンを抱いて、頬でスリスリしようとすると、
顔をグニーッと反らします。

チューしようとすると、プイッと横を向きます。

私が何をしたと言うんだぁ〜!

「あんた、いろいろやったよねぇ〜!」
と、コロンの心の声が聞こえてきました。

アハーッ! 自業自得か? まっ、ええか!

コロンは、いま14歳。
一度天国に行きかけたけど、
いまは腹が立つほど元気です。

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 09:16| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

犬の後ろにも背後霊?

PICT0355.JPG
ご主人さまのやることですから。


我が家のアホ犬コロンは、雨の翌日の散歩では、
なぜか道路のまん中を歩きます。

Gメン’75か!

♪ターラー タラララーラーラー タラッタラー〜♪

と唄ってしまう私。

コロンがまん中を歩くので、
私は若林豪の位置になります。

何で、お前の部下にならなあかんねん!

コロンは散歩の時、自分がボスだと思っています。

丹波哲郎の気分で、
「人間の後ろには背後霊がいる」と言うんです。
犬なのに。

何を言っているのかわかりませんか?

早い話が、コロンは足の短い犬で、
怒られることがわかっているのに、
欲望を抑えきれずにやってしまい、
こちらが怒っていると、わざとプイッ!とする、
人を舐めたやつなんです。

でも、私のことが大好きです。

でも、いつでも逃げられる態勢を取っています。

私が一体、何をすると言うのでしょう。

ヘッヘッヘッ!

さては、イタズラしてるね?

いえいえ、遊んであげているだけですよ。

足に洗濯バサミをつけると、
その足は動かなくなります。

顔のまわりに洗濯バサミをつけると、
ライオンになります。

コロンは抵抗もせずに、じっとしています。
そういう時は忠犬です。

可愛いやつよのぉ〜。

でも、散歩の時は、「待て!」も「おすわり!」も無視し、
「ついて来いよ!」という態度です。

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 09:18| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

愛犬コロンは、私に従順。

PICT0212.JPG
眩しいようで。


愛犬のコロン君が、寝そべりながら片足を上げ、
き○たまちゃんをペロペロしていたので、
その上げた足をつかんで、
き○たまちゃんを指でツンツンしてあげました。

無反応、無抵抗、無表情で、じっとしていました。

「ご主人さまのなさることだから、耐えなければ…」
というところでしょうか。

だって、犬だもの。

posted by 遊酔 at 14:25| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

コロンは、メス犬に会ったことがない。

PICT0140.JPG
窓の外のコロン。


ご近所の家で前に飼っていた「ジョンコ」という犬が、
嵐の夜に首輪を外して逃げ出し、
わが家にやって来ました。

朝、窓を開けると、コロンと一緒に、
そのジョンコがいたんです。

そこで私が眼にした光景は……

コロンがジョンコに馬乗りになり、
犬なのに馬乗り、テヘッ、腰を振っていたんです。

あちゃ〜! 私は叫びました。

「コロン! そいつはオスや!」

そうです、ジョンコというメスのような名前ですが、
オスなんです。

このセリフ、コロンに言うのは2回目です。

そういえば、
コロンはメスに合ったことがないように思います。

散歩で出会う犬たちは、すべてオスです。

メスを知らないから、オスに馬乗るのでしょうか。
犬なのに馬……グスッ。もう、ええ!

可愛そうだけど、仕方ありません。
あなたの子どもを生んでもいいわ、
と言ってくれるメスがいないんですから。

コロンは見ためが可愛いんで、
その子どもも可愛いと思うんですけどね。

隣のゴンもかわいいので、2犬が結婚すれば、
すっげぇ可愛い子犬が生まれると思います。

ゴンはオスだけど。

それに、仲悪いし。
って、仲良かったら、子どもができるんかい!

だって、犬だもの。

犬でもムリ!

posted by 遊酔 at 10:30| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

バカ犬コロンのお友だち。

PICT0003.JPG
見ためは可愛いんだけどね。


事件です、事件です!

わが家のバカ犬コロンに、
新しいお友だちができました。

近くのお宅に最近やってきた、「ヨダレーヌ」です。
本名は、まだ聞いていません。

私たちが散歩している時間には、
まだそのお宅の方は起きてないので、
勝手にごあいさつしました。

で、コロンの匂いを嗅いで、
ヨダレがダラッダラだったんで、
「ヨダレーヌ」と、私が命名しました。

コロンを近づけると、ヨダレーヌは姿勢を低くして、
私は敵じゃありません、仲良くしてください、
というポーズを取りました。

匂いを嗅ぎ合っていると、コロンがおもむろに、
ヨダレーヌの背後から馬乗りになり、
犬なのに馬乗り、ギャハッ、
腰を振り始めたんです。

あちゃ〜! 私は叫びました。

「コロン! そいつはオスや!」

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 09:06| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

散歩中は、何を言っても無駄。

PICT0024.JPG
普段は服なんか着せませんよ。
室外犬だし、強靭な肉体を持っていますから。


私「コロン。ゆっくり歩きな」

ゼェーゼェー。ハァーハァー。

私「コロン。ゆっくりやで」

ゼェーゼェー。ハァーハァー。

私「コロンッ!」

ゼェーゼェー。ハァーハァー。

だって、犬だもの。

posted by 遊酔 at 08:35| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

食べ物への執念?

PICT0156.JPG
舌が出ています。


コロン心の声「うわっ、おやつや!」

私「コロン、お座り!」

パクッ!

だって、コロンだもの。

posted by 遊酔 at 14:22| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

父ちゃん、ちょうだい!

PICT0022.JPG
トナカイのコスプレです。


私が道端で何かを見たり、拾ったりすると、
必ずコロンは私をガン見します。

「父ちゃん、何、取ってくれるの?」

私が何かをすると、食べ物だと思っているようです。

で、木苺を採って、嫁はんにあげると、パクリッ!

「ねぇ母ちゃん、僕のは?」

次に私がパクリッ!

「ねぇねぇ父ちゃん、僕の」

最後にいくつかをコロンにあげると、
パックン、パックン。

「父ちゃん、これ美味しい。もっとちょうだい」

ほらよ!

パックン。

もう1個。

パックン。

「ねぇねぇ父ちゃん」と、
前足で私の足をトントンします。

可愛い。
けど、ガツガツするんじゃねぇ!
もう、お終いや。

コロン「チェッ!」

何や、その態度は!

コロンは何もしていませんが。

ただ、欲しいだけ。

だって、犬だもの。

posted by 遊酔 at 08:40| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする