2016年05月11日

デパ地下の総菜を100gずつ。

貧乏人にとってデパ地下は、
あまりにも眩しくて、足を踏み入れることさえ、
ためらってしまう場所。

美しくて、美味しそう。
ワクワクと心が躍ります。

souzai.jpg

特に総菜のお店は、
どうしてあんなに上手に盛りつけることができるのか
と関心します。

どれを見ても食べたくなります。買いたくなります。

でも、買えません。
驚くほどセレブな値段だから。

頑張って買おうとしても、1種類だけ。

たった1種類でも、
美味しいものを食べるのは幸せなことですが、
どこか空しく、淋しい感じがします。

そこで私は、我慢します。

我慢を何度か経た後、その我慢貯金を解約します。

そして、総菜のお店でこう言います。

「ここからここまで、100gずつください」。

全部で10種類ほどでしょうか。

少しずつですが、美味しい総菜をテーブルに並べて、
小さなパーティをします。

味見程度の量しかありませんが、
食べたかった総菜が何種類も食べられるのです。

幸せです。

本当に小さいけれど、幸せです。

posted by 遊酔 at 08:19| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

プラモデルをインテリアに。


女性にはあまり馴染みのないプラモデル。

でも、中にはインテリアにしても
お洒落なものがあります。

puramo.jpg

駄菓子の屋台やたこ焼き屋台。
江戸の長屋。
昭和な小学校。
田舎の風景。
ドールハウス。
蒸気機関車。
戦車や戦闘機などのミリタリー。
名車と言われるクラシックカー。

これらをリビングや窓辺にさりげなく置くだけで、
お部屋が楽しい空間に変身します。

最近のプラモデルには、簡単に作れるものが多く、
1時間ほど工作教室を楽しむつもりで、
チャレンジしてみませんか。

本当に簡単なのですが、
それでも難しそうだと思う人には、
「ガンプラ」をお奨めします。

機動戦士ガンダムのプラモデルですが、
これはボンドなどを使わず、
はめ込むだけで作ることができます。

10〜20分で完成します。

ガンプラには、女性が“可愛い”と思う
デザインのものがたくさんありますので、
インテリアとしてもお奨めです。

ほんのひととき。
小さな冒険をしてみませんか。

posted by 遊酔 at 09:54| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

お花見は地方でゆったりと。


お花見のシーズンになると、桜の名所は人、人、人。
花を見ているのか。人を見ているのか。

毎年、場所取りでの揉め事も。

桜の下では、騒々しい大宴会。
ただお酒を飲みたいだけ……。

桜を愛でる風情など皆無。

そんなお花見が、本当に楽しいですか?

sakura.jpg

我が家のお花見は、ゆっくりとお弁当を作って、
ふらっと出掛けて、景色の良いところでのんびりします。

すぐ隣に下品なブルーシートもなければ、
大声で騒ぐ人もいません。

多くても、桜の木の1本ずつに、1グループがいる程度。

桜を見上げれば、澄んだ青い空との調和も美しいもの。

こんな時間を過ごせるのも、地方ならでは。

あなたは、名所にこだわっていませんか。

桜のあるところは、結構あります。

近くの河原に2、3本の桜があるなら、
その下でお弁当を広げても良いのでは。

あまり知られていなくても、
桜の美しいところはたくさんあります。

静かなお花見のできるところは、
どこにでもあります。

ちょっと街から離れてみませんか。

きっと楽しいお花見が体験できます。

posted by 遊酔 at 15:54| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

ふらり温泉めぐり。


お湯に浸かった瞬間、身体の中から、
現実社会がすべて抜け出すような感覚を覚えるのは
私だけでしょうか。

思わず、声が出てしまうほど、気持ち良さを体感します。

sentou.jpg

私の住む地方には温泉が多く、
日帰り入浴施設も近場に点在しているので、
よく利用しています。

500〜600円で、しばし旅行気分が味わえます。

都会にいると、温泉まで出掛けるのは大変ですが、
銭湯やスパ施設を利用してみてはどうでしょう。

私も都会にいる時には、仕事からの帰宅後、
近くの銭湯に出掛けていました。

普段は小さなユニットバスで
身体をきれいにするだけですが、
たまに銭湯のゆったりとした湯船に浸かると、
本当に気持ち良く、心まできれいになる感覚です。

浴室から出れば、コーヒー牛乳が待っています。

昭和な体験も銭湯の良いところです。

きっと、あなたもクセになりますよ。

posted by 遊酔 at 16:33| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

道端の“食材”を楽しむ。


田舎には、無料の“食材”がたくさんあります。

つくし、ふきのとう、ふき、わらび、
ぜんまい、こごみ、栗……。

散歩の途中で、集めることができます。

inaka.jpg

先日は、ふきが大きくなっていたので、
ちょっとだけ摘んで、ふきご飯を作りました。

春の香りがする。
というのは、ちょっと俗っぽい表現ですが、
独特の香りは、まさに春を感じさせてくれます。

でも私は、
「春になったから、ふきを採りに行かなくちゃ」
とは考えないようにしています。

義務化してしまうのは、楽しくありません。

ふきを見つけて、なんとなく作ってみようと思うのです。

だから、食べない年もあります。
そんな気楽さが好きです。

自然の恵みは、本当に有り難いと思います。

季節料理のお店に行けば、
とても高い支払いが待っています。

田舎なら、散歩の途中で手に入るのです。

あなたが都会に住んでいるのなら、
ちょっとだけ郊外へ散歩に出掛けませんか。

“食材”は、結構どこにでもあるものです。

posted by 遊酔 at 16:22| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

輸入食品で、世界をプチ体験。


海外の食品を多く揃えているお店を見ていると、
楽しくて時間を忘れてしまいますよね。

発見と驚きで、ちょっと興奮状態になったりします。

yunyuu.jpg

知らない土地の食文化を知ると、
どんな人たちが、どんな家に住んで、
どんな生活をしているのかにまで、
興味が湧いてきます。

食をキッカケに、
その国のことをもっと知りたくなってきます。

興味を持った食品を買ってみて、
家で食のプチ体験をします。

美味しいかどうかを聞かれると、
無条件の“美味しい!”と言えるものは少ないのですが、
“面白い!”と答えることはできます。

経験したことのない味が多く、
その驚きがとても新鮮です。

知らないものを経験することには、
味以上の感動があります。

海外旅行にはなかなか行けませんが、
日常のひとコマで、
世界中をプチ体験することができるのです。

お店を見てまわる時。
知らない味を試す時。

とても楽しい時間です。

posted by 遊酔 at 15:16| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

浜辺をぶらぶら歩く。


青春しよう、とは言わないけれど、
気持ちのいい青空の日には、
浜辺を散歩するのが楽しいと思います。

キラキラと瞬く海を眺めながら、砂を踏みしめて歩くと、
心が晴れやかになっていく気がします。

気持ちいい。

日常生活では、あまり感じることのできないもの。

hamabe.jpg

時には子どもの頃のように、
貝殻を拾ってみるのもいい。

波に洗われて角がまるくなったガラスの破片
「シーグラス」を集めるのも楽しいもの。

ただのガラス片が
「シーグラス」と呼ばれるようになるなんて、
海が持つロマンチックな一面かもしれません。

そんな貝殻やシーグラスを拾って、
骨董屋さんで買った、お気に入りの小皿にのせておくのも、
さりげないお洒落だと思います。

そこに眼が止まった時、
キラキラの海がまぶたに浮かんできます。

posted by 遊酔 at 16:45| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

スーパーマーケットには、時間を掛ける。


たっぷりと時間がある時には、
知らない街を歩いたり、商店街をブラブラしたりします。

目にするものに、驚きや発見があって、
楽しくも刺激的な経験ができますから。

でも、日常時間では、
そんなゆったりとした時間を作ることは難しいですよね。

super.JPG

だったら、“お買い物ついで”の時間に、
ちょっぴり脳に刺激を与えてみませんか。

私が実践していることです。

スーパーマーケットをゆっくり見てまわるんです。

あれを買わなくちゃ、これも買っておかなくちゃと、
慌ただしく店内をまわっていませんか。

いつも同じコーナーばかりでは?

あまり買わない商品なら、
どこにあるかも知らないですよね。

まったく通らない通路もありますよね。

これって、とってももったいないことです。

スーパーの隅々を見てみると、
小さな驚きや発見がたくさんあるんです。

知らなかったメーカーや商品。
優れものや笑えるもの。

棚のひとつひとつを見ていると、
ほんとに楽しくて、時間を忘れてしまいます。

ほんの小さなことですが、この刺激が、
自分の知っている世界を少し広げてくれるような気がします。

相方がいるなら、ふたりでまわってください。

私は嫁はんと、「こんなのあるよ」「これ見て!」と、
バカ話をしながら、楽しい時間を過ごしています。

世の中には、買い物に行かない旦那さんや
行っても車の中や休憩所でボーッと待っている人がいます。

どうして、一緒に見てまわらないのでしょう。

奥さんとのコミュニケーションになるし、
世の中のことを知るチャンスなのに。

お豆腐一丁がいくらなのかも知らない男性は、
経済のこともわかっていない、ということです。

それでは、ビジネスで成功することもできません。

日常時間の中のほんの小さな“旅”。
大切なことだと思います。

posted by 遊酔 at 16:52| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

朝食を食べに行く。


私たち夫婦は、たまにではありますが、朝食を外で摂ります。

喫茶店のモーニングやファミリーレストランの朝食ブッフェ。
ファストフードのお店の朝定食の時もあります。

決して高いものではありませんが、
これがとても楽しく、贅沢な気分を味わえるのです。

tyousyoku.jpg

ディナーやランチよりうんと安いので、
贅沢だと感じるのは心だけです。

こうした庶民的なお店でも、朝は静かで、
ゆったりとした時間、穏やかな時間が過ごせます。

お店も、朝の集客に力を入れているので、
メニューも充実しています。

何より、朝食を外で食べるという贅沢感が、
心を満たしてくれるのです。

ディナーやランチに高いお金を遣っても、それは普通のこと。

普段は家で食べるのが当たり前になっている朝食だからこそ、
贅沢だと感じるのです。

いつもよく話をする私たちですが、
また違った気分で会話を楽しむことができます。

posted by 遊酔 at 16:39| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

ふらりお弁当の旅をする。


今日は天気がいいなぁ〜。
仕事も休みだし、何をしよう。

そんな時、
「海を見に行こう」「山から景色を眺めよう」と、
お弁当を作り始めます。

決して凝ったものは作りません。
おにぎりと玉子焼きだけの時もあります。

手間を掛けようとするから、
お弁当が面倒なものに思えるのです。

onigiri.jpeg

景色の良いところに座って食べれば、
おにぎり1つでもご馳走になります。

幸せな気分になります。

海が、山が、川が、おかずになってくれます。

気取っているのではなく、本当にそう思えてきます。

ほんの30分だけでも、ゆったりとした時間を持つと、
優しい気持ちになっている自分に気づきます。

近くの公園だっていい。
人のいないグラウンドだっていい。

ちょっとのんびりするだけですが、
私たちには大切な時間です。

posted by 遊酔 at 11:14| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする