2017年07月20日

中津村開拓日誌・第5号−1(1999年5月発行)

1998年11月10日、午後5時20分。
私が木工作業中のこと、嫁はんのどなり声が……。

“翔馬がけいれんしてる!”

あわてて部屋へ行くと、白眼をむいて震えています。
熱があったので、どうやら熱性けいれんのようです。

冷静に対処しなければ、と自分に言い聞かせ、
嫁はんに救急車を呼ばせました。

その間もけいれんは治まりません。
1分ほどたったでしょうか、身体が硬直し始めたのです。

“なんじゃ、こりゃ!”と松田優作をやってる余裕などありません。
そして、呼吸が止まったのです。

もしかして、この子は……といやな想像が頭をかすめ、寒気が走りました。

少し様子を見ていましたが、呼吸は戻りません。

救急車はまだか!待ってはいられない。
頭にある人口呼吸法を思い出します。

首を反らし、気道を確保。ゆっくりと息を吹き込みます。
だめだ、もう一度。さらに一度。5〜6回したでしょうか、
翔馬が息を吐く「はぁ〜」の声。

良かったぁ、戻った!やったぞ〜!
寒イボがひいていく感覚がありました。

やがて眼に黒い玉が現われました。
しかし、まだ意識ははっきりしていません。

一生懸命に名前を呼び、意識を戻そうとしました。

ところどころで私を見るようになりました。
そうこうしているうちに、救急車のピーポーピーポーの音が。

「翔馬、救急車来たで。救急車乗れるで!」と言った瞬間、
翔馬の眼がパチリと開き、意識が回復しました。

なんでも言ってみるもんです。
しかし安心はできません。

とりあえず救急車に運び、隊員に症状を説明。
すぐに30分ほど離れた病院へ行きました。

翔馬の意識が戻っていたので、私は帰りのことを考え、
自分の車でついていくことにしました。
私の運転なら、救急車のスピードについていくことはたやすい。
と思ったけれど、実際は信号につかまり少し遅れました。
パトライトが欲しかった。

KYUKYU.jpg

病院での翔馬は元気そうです。
ただ、5歳児が熱性けいれんを起こすことは珍しく、
「てんかん」になる可能性があるとのこと。
後日、脳波の検査をしなくてはいけなくなりました。

そのうえ、風邪などで熱が出た場合には、
けいれん防止剤の坐薬を入れなければいけないのです。

その夜は、なんと3時間もの点滴を受けましたが、帰ることができました。

帰り道、コンビニで晩ごはんを買いました。
街にはコンビニがあるのです。いいなぁ。

この日ばかりは翔馬の好きなものを買わせました。
元気になった翔馬は、ごはんを食べながら
「こんど救急車に乗ったらぁ、またローソンでなんかこうてなぁ。」。

バカヤロー、何回も乗るもんちゃうわ。
でも翔馬は、これで救急車に乗るのは3度目でした。

後日の脳波検査では、てんかんの脳波異常は出ていませんでしたが、
5歳児にしては、乱れていると言われ、
再度半年後に検査要となりました。やれやれ。

小さい頃に、喜ぶからと
ぶるんぶるんと振り回していたのが悪かったのでしょうか。

まあ、ひとまず安心か。
そう思わなければやってられないわ。

その後何度か熱を出し、病院へ行くことしばしば。
坐薬を入れることたびたび。でも翔馬は元気です。

後でわかったのですが、熱性けいれんは動かさず、
名前も呼ばず、静かに様子を見た方がいいのだそうです。

1分ぐらいで治まれば、自分で病院へ連れて行き、
5分ぐらい続くようなら、救急車を呼んだ方がいいとのこと。

そんなに冷静ではいられないですよね。
でも、呼吸が止まった時に人口呼吸をしたことは正しかったと思います。
でなければ、いまごろは……。

小さなお子さんのいる方は、すぐに救急車を呼びましょう。
救急隊員はみんな優しいです。

それに比べて警察は#※♀§♭£☆⊇∬∇。
おっと、これは関係ないことでした。
ご家族に警察官のいる方はごめんなさい。

posted by 遊酔 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧・中津村開拓日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック