2016年07月18日

108円の古本を集める。

欲しい本があるなら、手に入れるのは簡単。
本屋さんに行くこともなく、ネットでちょいちょい。

でも、読みたいと思った時に、
すぐ手に入るのはいいのですが、
何か楽しくありません。

本屋さんの棚の前をウロウロすることもなく、
探す必要もありません。

furuhon.jpg

欲しい本を見つけるという行為には、
ワクワク感があります。

見つけた時の喜び。
手に取って中を見た時の期待感。

いま、本を買うという行為には、
この感覚がありません。

この時間を無駄と考えるか、楽しみと捉えるか。

私は、楽しみでありたいと思っています。

なので、いまだに本屋さんめぐりをしています。
と言っても、古本屋さんばかりですが。

不景気ないま、
好きなだけ本を買い込むということができません。

新刊を買うのは、
“いま読まなければ、価値がなくなる本”だけです。

資料や自分の趣味の分野は、
すべて古本屋さんで探します。

しかも、お金のことを気にせずに済むように、
108円の本に限定しています。

欲しいと思う本があっても、
108円を超えていれば、買いません。

これを古本集めのルールにしています。

「また今度」と、諦めるのです。

その理由は、いつか108円で見つけた時に、
嬉しくなるからです。

「やっと手に入った」と、感動が大きくなるからです。

何年も掛かることがありますが、
それもひとつの楽しみです。

欲しい本がたくさんあるので、
手に入ったものから読めばいいのです。

コミックを全巻108円で集めるのは、
時間も掛かるし大変ですが、それが趣味だと思えば、
長く楽しめることになります。

“大人買い”など、楽しくありません。

夢は長く見ていたいですから。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。



posted by 遊酔 at 16:41| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする