2016年05月25日

輸入食品のパッケージをインテリアに。

私は、「カルディ」や「カフェランテ」という、
輸入食品のお店によく行きます。

海外の食品には驚くことが多く、
とても面白いので、つい買ってしまいます。

当たり外れはありますが、それも貴重な経験です。

packe.jpg

知らない食品を味わう楽しみもありますが、
もうひとつ楽しめる要素が、輸入食品にはあるのです。

パッケージです。

面白いもの、洗練されたもの、変なもの。

その中には、インテリアとして飾れば、
非常にお洒落になるものもあります。

切り取って、100円ショップの額に入れたり、
そのまま小物入れにしたり。

コルクボードに、ピンで留めるだけでもいいですね。

窓辺に並べるだけで、
キラキラと輝いて見えるものもあります。

私は、海外のビールの空きビンやナッツの缶を
本棚に並べています。

捨てれば、タダのゴミ。

ちょっと視点を変えれば、
インテリアとして活用できます。

飽きてきたら、その時はゴミ箱へ。

また、違った食品を探しに行きましょう。

posted by 遊酔 at 16:28| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする