2016年04月16日

道端の“食材”を楽しむ。


田舎には、無料の“食材”がたくさんあります。

つくし、ふきのとう、ふき、わらび、
ぜんまい、こごみ、栗……。

散歩の途中で、集めることができます。

inaka.jpg

先日は、ふきが大きくなっていたので、
ちょっとだけ摘んで、ふきご飯を作りました。

春の香りがする。
というのは、ちょっと俗っぽい表現ですが、
独特の香りは、まさに春を感じさせてくれます。

でも私は、
「春になったから、ふきを採りに行かなくちゃ」
とは考えないようにしています。

義務化してしまうのは、楽しくありません。

ふきを見つけて、なんとなく作ってみようと思うのです。

だから、食べない年もあります。
そんな気楽さが好きです。

自然の恵みは、本当に有り難いと思います。

季節料理のお店に行けば、
とても高い支払いが待っています。

田舎なら、散歩の途中で手に入るのです。

あなたが都会に住んでいるのなら、
ちょっとだけ郊外へ散歩に出掛けませんか。

“食材”は、結構どこにでもあるものです。

posted by 遊酔 at 16:22| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする