2017年08月31日

猫ラベル

neko1.jpg

neko2.jpg

neko3.jpg

neko4.jpg

neko5.jpg


犬派だけど、猫の生態は興味深い。

posted by 遊酔 at 09:25| Comment(0) | 遊酔のパソコン画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

安い博物館でも楽しめる。

自然博物館というところへ行きました。
大人が460円で、子供は210円(現在は無料)。

小さな水族館と言ってもいいくらいの魚がおり、
たくさんの虫の標本やちょっとした化石なども展示しています。

紀州に棲息する動物の剥製もありました(剥製は嫌いです)。

これだけいろいろ見ることが出来て、安いですよ。
こんなところもあるんですね。

翔馬は興奮ぎみで、かなり長い時間見ていました。

posted by 遊酔 at 09:31| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

浮遊するカエル。

ある朝、玄関を出ると、非常に不思議な光景が目の前にありました。

7〜8cmの物体が宙に浮いているのです。
しかもゆっくりとまわっています。

なんだ? 超小型UFOか。新種の生き物か。

これは警察に連絡しなければ。
いやFBIのモルダーを呼ぼう(Xーファイルの主人公です)。
それとも科学特捜隊がいいかな。

そうだ、まず写真をとろう、
と考えている間に、その物体は地面に落下。
特ダネを逃してしまいました。惜しい。

なんだ、早く言え。と思っていますよね。
正体はカエルだったのです。

なんと珍しいことに、クモの巣にひっかかっていたのです。
こんなことってあるのですね。

手足をのばして7〜8cmもあるカエルが、ですよ。

たしかに田舎のクモの巣は、ハンパな大きさじゃありません。
でもカエルがひっかかるなんて、すごい粘着力ですね。

カエルもどうしてこんな場所でひっかかるのでしょう。
地面から2mくらいの高さはあります。
自然の不思議でした。

posted by 遊酔 at 14:22| Comment(0) | 自然観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

女優の肖像

PICT0267.JPG


海外の雑誌を見て、描いた気がします。

posted by 遊酔 at 10:35| Comment(0) | ヘタっぴ遊酔絵画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

中津村開拓日誌・第6号−4(2000年8月発行)

手長えびを捕りにいきました。

どのあたりに多くいるかがわからないので、
とりあえず遊びやすい場所を選びました。

ちょっと水のたまったところを見つけ、
中を覗いてみると……いるではありませんか、わが家のおかずが。

さっそく「たも」ですくい始めました。
釣り用の網のことを“たも”と言いますが、
このあたりでは、虫捕り網もたもと言います。

私たち夫婦は「網」と言いますが、翔馬は「たも」と言っています。

ちなみに、翔馬に「サンダルはいて」と言っても通じません。
サンダルのことを「水セッタ」と言いますから。

そんな話はさておき、手長えびはなかなかすばやい。
これが難しい。

やっとのことで、11匹をゲットしました。
私が8匹、嫁が3匹、翔馬に捕れるはずはありません。
たった11匹に2時間もかかったのでした。

tenaga.jpg


近くの流れの早いところで、「たも」とバケツを持って
何かしているじいちゃんに声をかけてみました。

バケツの中にはなんと手長えびがいっぱい。
ベテランには勝てません。
おまけに、うなぎまで捕っていたのです。うらやましい。

11匹のおかずを持って帰り、から揚げにしました。

バケツからザルに入れようとしたら、
ピンこら、ピッこら跳ねまわり、そりゃもう大変さ。

小麦粉に入れたら、おとなしくなりましたが。

1匹ずつ箸でしっかりつまんで、油の中にジュッ。
それはあざやかな赤に変わっていきました。

揚げたてに塩を振って、ちょっとお味見。

これが、うんめぇ〜の。
活きの良さで身はプリプリ。
ブラックタイガーを超える深いコク。
車えびクラスには、大きさで負けるかもしれませんが。

お昼のおかずのはずが、その場でなくなってしまいました。

こんなに美味しいのなら、
こちらに移ってすぐにでも捕りに行けば良かった。
3年以上経って初めて食べたのでした。
あ〜あもったいない。まあ、夏の楽しみが増えました。

ところで、昼ごはんのおかずは?

仕方ないので、ラーメンライスと「たこの塩辛」にしました。
このたこ塩、なかなかの逸品なのです。

いかの塩辛は、生臭くて食えませんが
(これはあくまで私の意見ですが)、たこ塩は臭みがなく、
旨みだけが残り、唐辛子で少しだけピリッとくるのです。

白浜に観光用の魚市場があり、そこで売っています。

函館で作っているようなので、
あちらでも売っているのではないでしょうか。

いか塩よりかなり安く、美味しいおすすめです。
一度お試しあれ。

関係ない話でした。夏はまだまだ続きます。
暑いわらよぉ〜。

posted by 遊酔 at 09:00| Comment(0) | 回顧・中津村開拓日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

散歩中は、何を言っても無駄。

PICT0024.JPG
普段は服なんか着せませんよ。
室外犬だし、強靭な肉体を持っていますから。


私「コロン。ゆっくり歩きな」

ゼェーゼェー。ハァーハァー。

私「コロン。ゆっくりやで」

ゼェーゼェー。ハァーハァー。

私「コロンッ!」

ゼェーゼェー。ハァーハァー。

だって、犬だもの。

posted by 遊酔 at 08:35| Comment(0) | だって、犬だもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

うさぎの正装

PICT0337.JPG


木工を始めた頃に作ったものです。

posted by 遊酔 at 09:22| Comment(0) | 思いつき遊び! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

アフリカの勇者

africa.jpg


アフリカの人たちの色使いは、
本当に美しい!

posted by 遊酔 at 08:19| Comment(0) | 遊酔のパソコン画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

磯遊びは楽しい。

またまた、ちょい古い話。

和歌山の田辺に、
天神崎というナショナルトラストで守られた磯があります。

そこへ遊びに行きました。

いろんな種類の魚やカニ、エビ、貝などがいて、
自然観察するには最高の場所です。

小さな水槽(ほんとは虫かご)を持って行き、
その中に入れて観察してみました。

翔馬はなかなか捕まらずイライラ。
小さな魚1〜2匹がやっとでした。
体長2〜3cmのエビさえ捕れないのです。

そこでパパの出番です。
こうやるんだよ!と優しくアドバイス。

すると、捕れるわ捕れるわ。
合計19匹も捕ってしまいました。

本人はご満悦。
パパを尊敬しなさい。

生き物はすべて帰してあげました。
遊んでごめんなさい、です。

かきあげにしても小さいですから。

posted by 遊酔 at 08:29| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

海を見ながら、お弁当。

ちょいと昔の話。


夏の初め頃、お弁当を持って磯遊びに行きました。

天気もいいし、あたたかいし、
外でお弁当を食べるには、申し分なしです。

海を眺めながらのおにぎりは最高です。

でも、ほとんど人がいないのです。
田舎の人はそんなことをしないのです。
お花見の時期ぐらいです。

いい景色なのに、もったいない。
田舎で生まれ育つと、自然の良さに気づかない人が多いようです。

そんなことはさておき、磯遊びの楽しさを。

たも(アミ)を持って、
ふぐやえび、やどかり、うみうしなどを捕まえて、
ちょっとだけ観察して返してあげるのです。

翔馬など、ものすご〜く小さな魚を捕まえただけで大さわぎです。

なにしろ、怖がって生き物をあまり捕まえたことのないやつですから、
初めての魚に顔が紅潮しています。

こんなことで子どもが成長していくのです。

あさりを2〜3個見つけたのですが、
あまりに小さいので、返しました。
酒蒸しにしても身が小さいだろうし、
みそ汁だとだしも出ないと思うので。

夏の入口に見つけた、小さな自然でした。

posted by 遊酔 at 10:18| Comment(0) | 自然観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする