2016年05月27日

自作のポストカードを友だちに送る。

スマホ全盛のいま、
誰もが気軽に写真を撮るようになりました。

観光地で、遊園地で、レストランで……。

postcard.jpg

見せたい人にも、ちょいちょいと送ることができます。

送られた人は、取り敢えず
「楽しそう!」「美味しそう!」と、
コメントを入れます。

毎日のように繰り返されるこの行為に、
何だか寂しさを覚えるのは私だけでしょうか。

簡単に伝えることはできますが、
簡単過ぎて、心が伝わってきません。

自分が感動した風景などを誰かに伝えたい場合、
以前なら、写真を撮って、
それをプリントしたものを郵送で送っていました。

手間を掛ける人は、写真屋さんに持ち込んで、
ポストカードにしてもらっていました。

私もそうしていました。

もちろんお金の掛かることなので、
写真を撮るのも選ぶのも慎重になります。

それだけ気持ちがこもっているのです。

そんな手間を掛けた写真を送られた人は、
じっくりと見てくれます。

撮った人の心情を汲み取って、
一緒に感動してくれます。

いまなら、スマホで撮った写真も、
自宅でプリントできますし、
ポストカードにすることも自分でできます。

印刷したものに切手を貼って、
お友だちに送ってみませんか。

何でそんな無駄なことをするの?
と思うかもしれませんが、
ディスプレイで見る写真と、印刷された写真とでは、
見る人の感動が違ってくるものです。

絵画を生で観るのと、テレビで観るのとでは、
まったく違いますよね。

わざわざ送ってくれたことにも、心を感じるものです。

私は、自分で作ったポストカードを壁に貼っています。

ちらっと眺めるだけでも、
写真を撮った時の状況を思い出します。

自身のためだけに
ポストカードを作るもの良いかもしれません。

オリジナルのインテリアとして、
何気なく想い出を眺めることができますから。

posted by 遊酔 at 16:52| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

輸入食品のパッケージをインテリアに。

私は、「カルディ」や「カフェランテ」という、
輸入食品のお店によく行きます。

海外の食品には驚くことが多く、
とても面白いので、つい買ってしまいます。

当たり外れはありますが、それも貴重な経験です。

packe.jpg

知らない食品を味わう楽しみもありますが、
もうひとつ楽しめる要素が、輸入食品にはあるのです。

パッケージです。

面白いもの、洗練されたもの、変なもの。

その中には、インテリアとして飾れば、
非常にお洒落になるものもあります。

切り取って、100円ショップの額に入れたり、
そのまま小物入れにしたり。

コルクボードに、ピンで留めるだけでもいいですね。

窓辺に並べるだけで、
キラキラと輝いて見えるものもあります。

私は、海外のビールの空きビンやナッツの缶を
本棚に並べています。

捨てれば、タダのゴミ。

ちょっと視点を変えれば、
インテリアとして活用できます。

飽きてきたら、その時はゴミ箱へ。

また、違った食品を探しに行きましょう。

posted by 遊酔 at 16:28| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

果物&野菜の種を育ててみる。

柿、みかん、りんごの種。
かぼちゃ、唐辛子、ピーマンの種。

買ってきた果物や野菜の種を捨てずに、
植木鉢やプランターで育ててみましょう。

ringo.jpg

本格的に実をつけさせようと思わず、
水だけあげて、放置しておきます。

やがて芽が出て、大きくなります。

そこで、収穫を期待せず、
庭やベランダの“インテリア”として、楽しみます。

緑のある生活は、心を和ませてくれます。

高い観葉植物など、買う必要はありません。
捨ててしまう種でも、充分に美しい緑になります。

もし、実が成ったら、ラッキーだと思って、
有り難くいただきましょう。

いま我が家にある、
柿、梨、びわ、ポンカン、すだちの木は、
食べた後の残り物です。

まだ小さいのですが、庭木として成長しています。

本当は、ちょっとだけ実の成ることを
期待していますけど。

posted by 遊酔 at 16:49| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする