2011年03月16日

絵本を眺める時間を持つ。


大人になってから、絵本をどれくらい読んだでしょうか。

子どもに読んであげるお父さん、お母さん以外は、
まず手にすることもないでしょう。


ehon.jpg

絵本には、素敵なお話がたくさんあります。
微笑んでしまう、楽しい絵がそこにあります。

眺めているだけでも、
日常のことをすべて忘れてしまいます。

“癒し”という俗っぽい言葉で
表現することができないくらい、
優しい穏やかな時間が流れます。

書店・図書館に行って、手に取ってみてください。

開いた瞬間に、微笑んでいる自分に気づくはずです。

時間に押し流され、余裕のない時こそ、
ほんの少しでも絵本を手に取ってください。

心のコリがほぐれてきます。

posted by 遊酔 at 11:16| 日常の楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする