2020年07月12日

翔馬語録 10/11歳


申し訳ない!


焼豚を食べようとすると、

翔「ええっ、もう正月なん?」

すまない。

posted by 遊酔 at 08:50| Comment(0) | 回顧・翔馬語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

創作童話『はんたい世界へのトンネル』

けんちゃんは、学校から帰ると、バタバタとおうちを飛び出していきます。となり町にある大きな公園にいくためです。そこには、お気に入りのすべり台があるからです。

そのすべり台は、とても長くて、途中にトンネルがあります。中は暗くて、ちょっぴりこわいのです。けんちゃんは、その“ちょっぴりこわい”が好きなのです。

おばけでも出てくるような暗さです。けんちゃんは、何度も何度もすべります。

きょうは、新しいすべり方にちょうせんしようと思っています。ねころんで、頭からすべろうというのです。これには、ゆうきがいります。

「いち、にの、さぁ〜ん!」。

ジェットコースターみたいです。トンネルに入ったら、けんちゃんはこわくなって、目をつぶってしまいました。

ドッス〜ン! けんちゃんは、下の砂場にむねから落ちました。からだは砂だらけ。でも、おもしろかった。

もう一度やってみようと思って立ち上がると、まわりのようすが何だか変です。誰もいません。さっきまで、たくさんの子どもたちがいたのに。

ちょっと不安になって、公園を出てみると、けんちゃんはしんぞうがドキドキッとしました。

なんと、人間のおとなより大きなネコが、2本足で歩いているのです。それもたくさんいます。服も着ています。

けんちゃんが、おどろきのあまりじっと立っていると、いっぴきのネコが近づいてきて、しゃべり出しました。

「ネコがしゃべった。おばけだ!」。

けんちゃんは、にげ出そうとしたのですが、ビックリして足が動きませんでした。ネコは、こんなことを言っています。

「おかあさん。まだこどもの人間だよ。服も着ているし、どこかでかわれているんだね」。

うしろには大きなネコがいて、「人間は服なんて着なくていいのに。ほら、お手は」と言って、けんちゃんの前に手をひろげて出しました。

まったくぎゃくです。人間が犬にやっていることを、ネコが人間にしているのですから。

「おかあさん。この人間、お手しないね。教えてもらっていないのかなぁ」。

「そうねぇ。でも、かわいい人間ね。早くおうちに帰りなさい。かいぬしが心配しているわよ」。

けんちゃんは、さけびました。

「ぼくは人間だ。ネコよりえらいんだぞ」。

おかあさんネコはビックリしたようです。

「とつぜんほえたわね、この人間。何もしていないのに。かまれるといけないから、ほっといて帰りましょうね」。

子どもネコをつれて、どこかへいってしまいました。どうやら、ネコの言葉はけんちゃんにわかっても、けんちゃんの言葉はネコにはわからないようです。

けんちゃんは、いっぱいのネコの中をこわごわとおうちに向かって歩き出しました。途中で、大きな犬も見かけました。やっぱり服を着て、2本足で歩いています。

けんちゃんは、学校の服を着たネコに「わぁ、かわいい」と言われて、なでられました。不安で不安で、泣き出しそうでした。

やっとおうちに帰って、げんかんから中に入ろうとすると、中から犬が出てきました。犬もビックリしたようです。そして、おこったようにしゃべり出しました。

「けんじ、どこにいってたんだよ。心配して、さがしてたんだぞ。わるい犬につれていかれたら、どうするんだ」。

その犬をよ〜く見ると、けんちゃんのおうちでかっているシロだったのです。シロが自分と同じぐらいの大きさになっているのです。

「シロ、ぼくの言葉がわかるかい」と言っても、シロにはわからないようです。

「よしよし、もういいよ。早く人間ごやに入るんだ」と言うだけでした。

にわにいってみると、「けんじ」という名札のかかった、小さなおうちがあったのです。

どうして、こうなったのか。けんちゃんは、いっしょうけんめいに考えました。

「あのすべり台だ。トンネルをとおってからおかしくなったんだ。もう一回、あのすべり台をすべれば、もとにもどれる」。

けんちゃんは、公園にもどると、いちもくさんにすべり台をかけのぼりました。スルスルスルッ。けんちゃんは、トンネルをくぐりました。砂場にドンッと落ちましたが、あたりのようすは変わっていないようです。何度もすべりましたが、やっぱりだめです。

けんちゃんは、思い出しました。さかさまになって、頭からすべったことを。

今度は、ねころんで、さかさまにすべり出しました。トンネルの中はやっぱり暗くて、頭からすべると、さらにこわいのです。前と同じように、目をつぶってしまいました。

ドッス〜ン! むねから落っこちました。

けんちゃんは、ゆっくりと目をあけました。まわりを見ると、人間の子どもたちがいつものように、にぎやかに遊んでいました。人間の世界にもどってきたのです。

けんちゃんは、いそいでおうちに帰りました。にわを見ると、「シロ」という名札のかかった犬ごやで、シロがねむっていました。

けんちゃんは、考えました。どうぶつをかわいがらないと、いまにきっと、人間の世界がなくなってしまう。人間がネコや犬のペットにされてしまう。シロも大切にしなくちゃ。

それからけんちゃんは、二度とすべり台を頭からすべったりしませんでした。

posted by 遊酔 at 09:11| Comment(0) | 創作童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

おぉ〜神よ!

隠れサユリストの私は、
小百合さんの昔の映画をテレビから録画して、
いまも持っています。

めっちゃ、可愛いんですよ。

「草を刈る娘」とか「青春大全集」
「恋のハイウェイ」なんて、
ダサいタイトルもありますけどね。

女性の可愛さをあらゆる面から追求し、
その場面ごとに、最高の可愛さを
表現し尽くすことができる、大女優さんです。

神は、なんという才能をお与えになったのか。

おぉ〜神よ!

ワォ〜!

それ、オオカミ!

あぁースッキリした! あっ!

おぉ〜紙よ!

山水館の加代だす。

それ、女将よ!

ヌーッ!

それ、カメや!

わかるか!


神と言えば、阪神百貨店の地下食料品売り場。

「神」がついとるだけやないかい!

かまわんよ。しのびねぇなぁ〜。

阪神の地下は、私と嫁はんの聖地です。

あそこにある惣菜やスイーツを思いっきり買いたい、
という夢の場所なんです。

もう、美味しそうでなによりです。

言葉、おかしくないか?

シーーッ!

片っ端から買いたい。

昔、なぜかVISAの商品券を持っていた時、
思い切ってあれこれ買ったんですが、
メタクソ幸せな時間が過ごせました。

美味しいあなたたちに囲まれて、本当に幸せでした。
普通の夫婦に戻っても、私たちは決して忘れません。

さぁ、一緒に唄ってください。

適当な曲をつけてね。

♪阪神百貨店は ぼくらの憧れ
 苦しい時も 哀しい時も まぶたに浮かべて
 いつか きっと 財布を気にせず
 あれも これも みんなちょうだい
 言ってみたいな この口で
 おぉ〜阪神の 地下の夢♪

昔、阪神地下の総菜売り場で、
「ここからここまで、
 全部100グラムずつちょうだい」
と言ったことがあります。

ちょっと気持ち良かった。
自分が大物になったようで。

100グラムというのがセコいですが。

百貨店の惣菜って、ほんとに美味しそうでしょ。

私もそろそろ立派な中年でしょ。
せめて、200グラムずつちょうだいって、
言ってみたいなぁ〜。

アホ!

知ってる!

posted by 遊酔 at 10:56| Comment(0) | 免疫力向上お笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

超節約食堂・茶スパ

材 料:スパゲティ・茶葉(番茶で充分)・塩
    分量はすべて適当です。お気楽に。

作り方:
1.茹でたスパゲティをフライパンで炒め、
  塩と細かくした茶葉を入れ、
  少々、炒めます。これだけ!

お茶の葉っぱで、スパゲティ!

それって、美味しいの?

もちろん!
ほのかな香りが素敵にひろがります。

味としては、バジリコに似ているような、
似てないような、うっふん!

あまり味わったことのない新鮮な料理です。

茶葉は、ミルサー・ミル・ミルミキサーなどで、
細かくしておきます。

持っていない方は、包丁で切るか、
すり鉢で小さくしてください。

お茶を使った、とても上品な一品です。

京都で食べたら、10万円は取られますね。

posted by 遊酔 at 08:13| Comment(0) | 超節約食堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

遊酔流節約術・日常は慎ましく。でも……

閉店間際のスーパー。

生鮮品や惣菜などに、値引きシールが貼られるそばから、
待ち構えていた奥さんたちが、
次々と買い漁る光景に出くわします。

3割〜半額の値引きシールは、とっても魅力的。
節約上手な賢い主婦!

本当?

半額で買ったからって、作るより安い?
安いからって、余分なもの買ってない?
作るの面倒だし、安いからいい、と思ってない?

ぜんぜん賢くありません。

確かに、お値打ちな買い物はしています。

でもね、それって“いらないもの”じゃないですか?

買わなくてもいいものだと思います。

いくら安くても、元々遣わなくてもいいお金を
遣っているんだから、もったいないと思います。

安いから、満足感はあるでしょう。

でも、所詮スーパーの食品。
中途半端な満足でしかありません。

本当に満足したいなら、
ある程度のお金を払って、外食した方がいいのでは?
その方が満足感が大きいと思います。

そのためには、普段はお金をかけず、
外食のためにお金を積み立てておくことです。

やる時はやる。食べる時は食べる。

メリハリが、大きな感動を呼ぶんです。

日常生活は慎ましく。
遊ぶ時は、思い切って。

これが、生きる糧となります。

posted by 遊酔 at 07:36| Comment(0) | 遊酔流節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

『人はパンのみにて生きることができる』

すべてにおいて、
食べることが優先される。
精神的生活が大切である、
とキリストが説こうとも、
食べることができなければ、
精神は病んでしまう。

posted by 遊酔 at 14:06| Comment(0) | 格言&ことわざパロディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

我が家のびわの実、初収穫!

我が家に成った、小さな小さなびわの実。

色づいたものを3つだけ、食べてみました。

皮を剥いてかじってみると、なんと、びわの味です。
当たり前ですが。

ほんの少しだけ甘いびわの味に、小さな感動です。

オレンジ色の2つは、やや甘かったのですが、
残り1つはまだちょっと黄色く、
かなり酸っぱくて、食べられませんでした。

まぁ、初めてのびわなので、満足です。

来年は、大きくなるのでしょうか。

posted by 遊酔 at 07:30| Comment(0) | 田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

翔馬語録 10/11歳


それはヤバい?


あしたのジョーを見ていて。

翔「あれ、ボクシングのシャブ?」

それは恐い。

ジャブや!

posted by 遊酔 at 08:12| Comment(0) | 回顧・翔馬語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

2020年07月03日

まんが日本ウソップばなし。

むかしむかし、ある漁村に、
浦島太郎次郎左衛門兼継という人がおったそうな。

面倒なので、浦島太郎で話を進める。

ある日浦島太郎は、山に芝刈りに、
浦島太郎2号は、川へ洗濯に行った。

この二人は、夫婦だ。

浦島太郎2号が川で洗濯を適当にやっていると、
川上から、どんぶらこっこ、こけこっこ、
と、大きな桃が流れてきた。

おぉ〜これは旨そうな桃じゃわい。
どれ、家に持って帰って、桃ごはんでも作るかな。

包丁で桃を切ってみると、
中から大きな赤ちゃんが出てきた。

びっくり仰天した二人は、
神様からの授かりものじゃと思い、
育てることにした。

桃から生まれたので、浦島太郎3号と名づけた。
気にしない。

浦島太郎3号は、毎日毎日桃ごはんをたくさん食べ、
すぐに大人になったそうな。

ある時、浦島太郎(必然的に1号となる)は、
浦島太郎3号に、浦島太郎0号の存在を明かした。

昔、浜辺でニセ浦島太郎にいじめられていた
ガメラを助けてやった浦島太郎0号は、
そのお礼にと招待されて、竜宮城へ向かう途中、
海で溺れてしまった。

ガメラが、酸素ボンベを忘れていたのだった。

それを聞いた浦島太郎3号は、怒り心頭。
ガメラのバカさ加減が許せなかった。

強く復讐を誓った。

しかし1人では、
火を噴いて飛びまわるガメラには勝てないので、
仲間を探すことにした。

そうだ、伝説のあの人を探そう。

オノを持って竹やぶに行き、光る竹を探した。

あったぁ〜、バサッ!

竹を切ると、中には、
それはそれは可愛い赤ちゃんがおった。

大切に育てて、力を借りよう。

赤ちゃんは、そう、浦島太郎4号と名づけられた。
正確には、浦島太郎次郎左衛門兼継4号だけど。

さらに、お椀に乗った小さな剣士も探した。

川に行って探している時、
浦島太郎3号は足をすべらせ、こけてしまった。

プチッ!
なんということでしょう?

小さな生き物が、
Tシャツにくっついてしまったのだ。

よ〜く見ると、な、なんと、小さな剣士だった。

一寸法師と呼ばれていたその剣士は、
Tシャツのデザインとして、新しく生まれ変わり、
名前を浦島太郎5号と改めた。

次に、枯れ木に花を咲かせる魔術の使い手を探した。

花の咲いている木を探して歩いていると、ほげぇ〜!

なんじゃ、こりゃ!
木にた〜くさんの浦島太郎がぶら下がっている。

近くにいたじいさんの腕を取って、
振り向かせようとすると、
「放さんかっ!」じじいは言った。

話を聞いてみると、浦島太郎0号が亡くなった時、
その灰を木に振りかけたそうな。

すると、次から次へと、浦島太郎0号のクローンが、
木に成り出したのだった。

これは、使える。
浦島太郎大部隊が編成できる。

ここで、浦島太郎3号は悩んだ。
名前をどうするか。

6号、7号、8号……。
でも、部隊の浦島太郎たちは、
「わしは0号じゃ」とみんなが言う。

そりゃそうだ。クローンだから。
それで、ええわ。


さて、いよいよ、部隊はガメラのいる竜宮城へ。
ちゃんと酸素ボンベを背負って。

タイやヒラメをかわし、乙姫様を人質に。

出て来い、ガメラ!

♪ガメラァ〜、ガメラァ〜、
 強いぞガメラ、強いぞガメラ♪

歌を唄いながら、その姿を現した。

よくも浦島太郎0号を溺れさせたな。
仇を討ってやる。

浦島太郎3号は、ガメラの背中に飛び乗った。

すると、ガメラは火を噴きながら、
グルグルまわり始めた。

その時、浦島太郎3号は、スケートで回転する
まおまおの気持ちがわかったような気がした。

同時に、お代官様に着物を脱がされる、
腰もとの気持ちもわかった。あ〜れぇ〜。

貴重な経験をした浦島太郎3号は、
ガメラを許すことにした。

しかし、反省させるために、
ガラパゴス諸島のある島に運んだ。
いわゆる島流しだ。


長い月日が流れ、
浦島太郎族は絶滅したと伝えられている。

一方ガメラは、ロンサム・ジョージと呼ばれ、
いまもその島で暮らしている。

めでたし、めでたし。

意味がわからないぃ〜〜〜〜〜。


なっ、バカバカしいやろ?


※ロンサム・ジョージ(実在)は、
 最近亡くなってしまったようです。
 淋しいです。

posted by 遊酔 at 09:44| Comment(0) | 免疫力向上お笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする