2017年12月13日

石にらくがき

ishi.JPG


ツルツルの石を拾ってきて、
ちょいちょいとヘタな絵を描いてみました。

posted by 遊酔 at 09:00| Comment(0) | 思いつき遊び! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

翔馬、福引きを当てる!

ふるさとまつりというイベントが村でありました。

各戸に福引券が配られており、
翔馬にガラガラをさせたところ、
なんと2等賞の洗剤8個入りが当たったのです。

翔馬は、ガラガラで当てたことがなかったので、
うるさいのなんの。

初めて役に立った翔馬でした。

posted by 遊酔 at 16:15| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

おでん

PICT0372.JPG

posted by 遊酔 at 09:14| Comment(0) | 気ままな俳句詠み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

犬ラベル

inu1.jpg

inu2.jpg

inu3.jpg

inu4.jpg

inu5.jpg

inu6.jpg


犬のおバカさが大好きです。

posted by 遊酔 at 09:21| Comment(0) | 遊酔のパソコン画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

翔馬語録 1歳


掃除している?


翔「ちゅーちゅー、あっ、ちゅっちゅ」

これは、わかっています。

雑巾に洗剤をつけ、壁を拭いているマネです。

「ちゅーちゅー」が、洗剤をつけるところ。

「ちゅっちゅ」が、拭くところです。

「あっ」は、え〜と、う〜んと、かけ声でしょうか。

posted by 遊酔 at 08:57| Comment(0) | 回顧・翔馬語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

未知なる巨大生物との遭遇。

散歩をしていたら、
嫁はんが「うぇ〜〜〜!」と小島よしおに変身したので、
振り返って見てみたら……。

足下で巨大な生物が動いていました。

真っ黒でテカテカ。体長5センチ。

これはまさしく、ゴ・キ・ブ・リ。

デ、デカい!
見たことのない大きさ。

カタチも私が知るゴキブリとは、若干違っています。

家で見るゴキブリは(我が家にはいないけど)、
頭からお尻にかけてのラインが滑らかな曲線ですが、
この巨大ゴキブリは、
角を丸くした長方形という感じです。

それにしても、キモい。

こんなのがいるなんて、知りたくはなかった。

家には絶対に来るなよ! です。

posted by 遊酔 at 08:36| Comment(0) | 自然観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

中津村開拓日誌・第11号−1(2005年2月発行)

首をなが〜〜〜〜くして、お待ちいただいたみなさん。すみません。
前回から2年ほど開いてしまいました。

発行が遅れるほど、ネタが溜まってしまい、
そのために時間がかかるので、また書けない、という状態でした。
意を決して書くことにします。

この2年の間に、とても悲しい出来事がありました。
庭の「梨の木」と「りんごの木」が枯れてしまったのです。

梨は、台風の強い風に当たった後、
葉っぱが真っ黒になってしまい、そのまま枯れました。
ぐやじい!1回しか実をつけませんでした。

りんごは、幹に虫が入り込み、中を喰い荒して、
栄養が行かないようにしてしまいました。

くそ〜〜!種から育てて、8年くらい経っていたのに。
あともう少しで、実をつけるというのに。
このぉ〜、虫野郎!

そんな悲し楽しい2年間。
さて、どんな事件があったのでしょう。はじまり、はじまりぃ〜。


またまた、当ててしまいました。嫁はんが。
八ヶ岳のコテージ宿泊券。
使い方自由の1泊2食付チケット4枚です。

私たち夫婦だけなら、2泊分として使えます。
でも、誰かがついて来ます。お留守番すればいいのに。

仕方なく、子ども分を追加して、2泊3日の旅に出ました。

これが、とぉ〜〜〜〜いの。和歌山から山梨ですから。
しかも、軽四自動車で行くんですよ。
勇気ある決断です。私はエラい!

往路はなんと、道の選択をミスして、
朝の大渋滞に巻き込まれてしまいました。

距離の短い方を選んだために、
私はとても恥ずかしい体験をすることに。

近畿自動車道です。
渋滞が多いことは知っていたのですが、
まさか、あれほどとは思いませんでした。甘かったぁ。

私はその時、我慢の限界を超えていました。
瓶は無いし、ビニール袋か?
それでは、車の中に匂いが……。そうです、「小」です。

翔馬や嫁はんがしゃべっていても耳に入ってきません。
汗たらたら。どこまで走っても、サービスエリアがありません。

もう、ダメです。
ほんの少し広い路肩に車を止め、道の端へと急ぎました。
ほぉ〜、間に合いました。

その時、私の耳には、ある音楽が流れて来ました。
映画タイタニックのあの曲です。

♪タァ〜、タァ〜、タァ〜、タァ〜、タタタタァ〜♪
思わず、両手を広げかけましたが、手を離すわけにはいきません。
おっと、下世話で失礼。
それくらいの解放感があったということです。

優しくとも、力強い音楽なんです。
別に、ゴーストの音楽でもいいんですけどね。
知ってます?
♪お〜〜、あ〜、あああああぁ〜、あぁ、あああああぁ〜、♪
(英語の歌詞を知らないだけ)

とにかく、助かりました。
しかし、私の横を途切れることなく、車が流れていくのでした。
めっちゃ、恥ずかしい。

バカな話は、これくらいにして、楽しいお話を。

1時間半余計に時間がかかり、
9時間後、八ヶ岳に到着しました。

さて、私は途中、何度トイレに立ち寄ったでしょう?

チチチチチ………。
忘れました。なんや、それ。
とにかく、たくさん寄ったので、
9時間もかかったのかもしれません。

さあ、遊ぶぞ〜!と言っても、
嫁はんご所望のケーキ屋さんに行かなければいけません。

車で探していると、まあ、なんてお洒落なお店の多いことでしょう。
さすが八ヶ岳、違うのぉ〜、ばあさんや。そうですねぇ、じいさんや。

ちょっと気恥ずかしい感じもしますが。お店が、ですよ。

止まっている車も高級車です。うちの車は、汚れた軽四。
へっ、バカにするんじゃねぇ。てやんでぇ、べらんめぇ。
こちとら、和歌山の山奥から来てんだよぉ。
なんか文句あっか!と、ひとりで卑屈な私です。
駐車場には、誰もいないのに。

で、お店に入ると、私は都会人を気取るのでした。
いやぁ〜、優雅なひとときでした。う〜む、セレブだ。

欲を言えば、“なんで、こんなもん、そんな値段すんねん。
ボロ儲けやないかい、えぇ〜。きったねぇのぉ。”と、
大阪の下町人間にならない値段にしてほしかった。
やはり、こんなお店は合わない。

それから、土産物屋さんやチーズ屋さんをまわって、
お泊りするコテージへと向かいました。

コテージと聞くと、「山小屋」のイメージがありますが、
個人が所有する別荘を空いている時に貸し出しているのです。
だから、普通の貸別荘です。

小ブリながら(と言っても、ハマチやいなだ、
わらさではありませんよ。念のため)、なかなかお洒落な建物でした。

朝食は、事務所施設内でバイキング料理。
夕食は、同じ施設でのバイキングか、
ケータリング(出前)の「しゃぶしゃぶ」「すき焼き」から選べます。

1泊目の夕食は、バイキングに。
2泊目は「しゃぶしゃぶ」にしました。

このバイキングが何を意味するのか。
私たち家族をよく知っている方ならわかります。


kazoku.jpg


夜のバイキングは、かなりの種類で、大変なことになります。
寿司やステーキ、海鮮焼物もあります。

ご存じ、食べすぎです。
お腹に“ピリッ、ピリピリッ”と、裂け目ができるような感じです。

まあ、後は寝るだけだからいいか、と思うのですが、
次の日にも影響します。

悪いことに、朝食もバイキング。
やめればいいのに、つい食べてしまいます。浅ましい。
動くのが、イヤになるほどです。

問題は、昼食にあります。食べられません。
いろんなお店があるのに、入る気になりません。
旅先でのバイキングは控えましょう。

八ヶ岳というところには、牧場がたくさんあり、
牛乳やソフトクリーム、チーズなどが、あらゆるお店で食べられます。
(牛乳は飲むものだよ、と細かい突っ込みはやめて。)

やはり、試さないわけにはいきません。
あっちでゴクゴク、こっちでペロペロ、そっちでハニハニ。

いやぁ〜、美味しいですぅ〜。
私は、美味しい牛乳を探し求める「さすらいの牛乳探検隊」の
隊長(隊員は私ひとりですが)ですから、
あっちこっちの牛乳を飲みまくり、お腹たぷたぷです。

どこかに旅行に行っては、牛乳を探しています。
でも、いまだ私の中の「本物」には出逢えていません。

このように、つねにお腹いっぱいなので、お昼が食べられないのです。

やはり、今回も食べ物の話ばかりか?
いえいえ、そんなことはありません。

翔馬が電気機関車に初めて乗りましたし、
木のおもちゃ屋さんにも行きましたし、
牧場で翔馬の友だちそっくりな馬も見ました。

牛の乳しぼりも初体験。
“私ならできる”と思っていましたが、結構難しいもんですね。
なかなかできません。

信州そばも食べましたよ。有名なケーキ屋さんにも行きました。
(やっぱり食べ物か)

地元のスーパーも行きました。
知らない土地のスーパーって、面白いんですよ。
その地域の暮らしが見えるようで。
珍しいものもあったりして、発見が多いですし。

結局、あれこれお店まわりが多かった、ということです。
感想としては、地域全体が
“おっしゃれぇ〜”というところでしょうか。

感心したのは、レストランや喫茶店が、
「犬の入店OK」ということでした。
さすが住んでいるのが、セレブなだけのことはあります。
違うやね。

そんなこんなの八ヶ岳紀行でした。
帰りは、7時間半。でも、あまり疲れませんでした。
これなら、また行ってもいいなぁ、と思います。

次は、東北か?
まだまだ若い。(つもり)

posted by 遊酔 at 14:58| Comment(0) | 回顧・中津村開拓日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

天に伸びゆく花

PICT0291.JPG


私の心象風景? 自分でもわかりません。

posted by 遊酔 at 08:54| Comment(0) | ヘタっぴ遊酔絵画遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

餅まきで拾ったもの。

うちの集落で餅まきがありました。

氏神様のところでやるのですが、意味は聞いていません。

直径12〜3cmの大きな餅や普通の餅、
お菓子やカップラーメンまであります。

お餅には、寄付をした人の名前などが朱で書かれているのですが、
中に「酒」と書いているものがあります。

それを拾うと、一升ビンの日本酒がもらえるのです。

翔馬は、おかしなくらい一所懸命になって拾っています。

嫁はんは、恥ずかしいらしく、
自分の前に落ちたものだけを拾います。

私は、酒の文字とカップラーメンのみを一生懸命に探しました。

結果発表。

大餅4個、普通餅45個、カップラーメン2個、お菓子少々でした。
酒の文字は、見つかりませんでした。

posted by 遊酔 at 08:48| Comment(0) | 回顧・田舎暮らしの小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

秋色

PICT0381.JPG

posted by 遊酔 at 10:17| Comment(0) | 気ままな俳句詠み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする